日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




(d)コックは、直線型、L型、下型の3種がある。弁、コックはいずれもJISに各種のものが定められている。


18.1.4 配管上の諸要件


(1)配管装置を設計するには、、まず系統図を作り、その系統の用途に応じて、取入れ、排出口及び弁の数と型式を決める。

(2)管の大きさ及び材質

(a)その管を流れる液体の流量又は連結されるポンプ等の力量、タンク等の大きさによって決まる。

(b)清水管は、飲料になるから水道管に準じて衛生的な材質を用いる。

(c)海水管は、塩分による腐食を考えて、亜鉛メッキ鋼管又は銅管を用いる。

(d)海水管系統には、異種の金属を併用すると電食作用を起こすから、亜鉛等で防食を施さなければならない。

(e)油系統には、鋼管をそのまま用いてよいが、燃料管は銅管又は特殊な燃料管を用いる。

(f)排気管には、ステンレスを用いる場合もある。

(3)弁の使い分けは、その用途によって、止め弁にするか、仕切り弁にするかを決める。小径の配管では、コックを用いれば、三方コック(下型)が使えるから便利である。

(4)配管計画に際しては、熱による膨張、管内の空気抜き、ドレン抜き、掃除や分解手入れ等を考慮する。

(5)水密隔壁又は甲板を貫通する管は、貫通金物を設け、要すればその部分を補強しなければならない。

(6)重要な水密隔壁又は甲板を貫通する管は、止め弁を取付け、管系の一部が破損した場合に、海水や他区画の水が侵入しないようにしなけれぱならない。

(7)異種の液体を同一系統に入れてはならない。

(8)配竈盤、スイッチ理その他電気器具の上は配管を避ける。

(9)タンク内に管を通過させることはなるべく避け、やむを得ない場合は、特殊の考慮を払う。


18.2 海水管系


18.2.1 海水の用途と配管


海水は、次のように種々の用途に使用される。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
426,558

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から