日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化(1996・52号)

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


 

日本の追儺…後藤淑

 

中国から入ってきた儺の儀礼

鬼についての関心は日本では歴史が古く、その関心、日本人全体に及んでいる。鬼には幸せをもたらす鬼と、悪をもたらす鬼という全く相反した考えが日本では古くからあったようである。同じものに相反した両面性があるということであろうか。スサノオノ命とも通ずる考えであろうか。

鬼という字は中国から伝わったものだが、具体的な相貎は明らかでない。隠という字を当てているのも鬼が目に見えないものという考えがあったからであろう。そこへ造形をともなった仏教か入って来た。仏教の伝来によって鬼もその相貎を次第に形としてあらわすようになったのかと思う。

こうした鬼に対する考えの中へ、中国の追の行事が入って来た。追儺は年の暮に疫霊を追うという行事である。儺とは疫霊のことで鬼といっていい。鬼が日本人の生活に大きな影響を与えてきただけに、中国の追儺が日本へ入ることによってどのように変容したかは日本人の考え方や日本文化を知る上に興味あることのように思える。

中国の追儺は大変古い行事で、日本に入る以前ののはるかに古い時代に遡っており、その間には変化もあったようである。中国の迫儺が日本に伝未したのは唐・宋の頃であったかと思う。その頭の中国の追儺は大体次のようなものであった。平凡社刊『大百科事典』を

 

002-1.gif

中国の儺の儀式を著した『政事要略』の図。上の童子は方相氏に従う辰子。

002-2.gif

右が鬼を追う四つ目の方相氏。左が鬼

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
787位
(27,265成果物中)

成果物アクセス数
10,169

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2014年9月13日

関連する他の成果物

1.自然と文化(1996・53号)
2.自然と文化(1996・54号)
3.舞鶴赤煉瓦建造物群調査報告書
4.白馬桃源郷青鬼の集落−長野県北安曇郡白馬村−
5.油津の町並みと堀川運河
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.平成8年度観光通訳研修会開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から