日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


 

4.5 IAEA輸送規則

危険物運送に関する国連勧告も、放射性物質の安全運送要件については具体的規定を設けず、すべてIAEA ( International Atomic Energy Agency : 国際原子力機関)にその運送要件の策定を委ねている。従って、危険物のうちでも放射性物質については、IAEAで運送要件が検討され、放射性物質安全輸送規則 ( Regulations for the Safe Transport of Radioactive Material ; IAEA安全シリーズ 6;IAEA Safety Standards Safety Series 6)として出版されている。

上記規則(以下「IAEA規則」)は、放射性物質の運送に係る人、財産及び環境に対する放射線の諸障害を防止することを目的に、陸、海、空の運送における安全基準を定めたものであり、初版は1961年に刊行され、1967年及び1973年の全面見直しを経て、現在は1985年の全面改訂を含む1985年版が刊行されている。 IMOもこの1985年版の規定をIMDG Code に取り入れた。わが国においてもIMDG Code ( Amdt. 25-89 ) の発効に合せ危規則を改正した。

なお、1985年版IAEA規則は、現在その全面改正が検討されており、1996年には改訂版が出版される予定である。

IAEA規則の内容は、その目次をみることによって概観することができるので、次に目次を示すこととする。

 

1985年版IAEA規則 目次

序言 条項

第T章 序章

目的及び範囲 ( 101-109 )

本規則の目的のための定義 ( 111-152 )

第U章 一般原則と一般規定

放射線防護のための一般原則 ( 201-205 )

フィルムへの放射線損傷を避けるための規定 ( 206 )

一般事故規定 ( 207-208 )

品質保証計画のための一般規定 ( 209 )

適合保証のための一般規定 ( 210 )

特別措置のための一般規定 ( 211 )

第V章 放射能限度及び核分裂性物質限度

基礎的A1/A2値 ( 301 )

A1及びA2の決定 ( 302-306 )

輸送物の収納限度 ( 307-315 )

第W章 運搬及び輸送中の保管のための準備、要件及び管理

輸送物検査要件 ( 401-402 )

他の物品の輸送 ( 403-406 )

収納物の他の危険な性質 ( 407 )

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
121位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
104,752

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」開催案内
2.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
3.「貨物の液状化特性に関する研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から