日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


 

なお、一船当たりのGroup?の総合計正味質量が 50.0トンを超えてはならない。また、火薬類以外の荷役については一船当たりの総合計が250キログラム以下の場合事前の申請が許可されれば可能である。

2) コンテナ専用船以外の船舶については、一船当たり通過貨物が250キログラムの場合は着岸が許可されるが、その荷役は数量にかかわらず許可されない。

 

ただし、貨物によっては上記1),2)の緩和措置を受けられないもの(Group? の火薬類等)があるのでその都度確認の必要がある。

・PSA規則とは別に、環境省汚染管理局(Ministory of the Environment, Pollution Control Department)のThe Poison Actにより、以下の品物は当地への輸出及び当地での仮貯蔵は禁じられている。

1) Chlorobenzene

2) Chlorophenole

3) Poly Chlorinated Biphenyls

4) Sodium Pentachlorophenate

5) High Toxic Organo Chlorinated Compounds

 

3.3.3. その他の外国規則

1) カナダ:Transportation of Dangerous Goods Ragulations(Transportation of Dangerous Goods Act)

2) 香港:Dangerous Goods Ordinance,Chapter 295

3) 台湾:船舶危険品積載規則

4) マレーシア:Port Authorities Act

5) パナマ:Code of Federal Regulation,Title 35(35CFR)

6) スエズ:Rules of Navigation

7) サウジアラビア:Rules and Regulations for Saudi Arabian Seaports

8) イタリア:Registro Italiano Navale(R.I.NA Rule)

9) オーストラリア:Australian Supplement to the IMDG Code

10) オランダ:Regulations for the Carriage of Dangerous Substances in Seagoing Vessels

11) イギリス:The Merchant Shipping(Dangerous Goods and Marine Pollu-tants)Regulation

全般的には、IMDGコードにより運送することとなるが各国・各港に於いては、それぞれの事情により危険物の取扱い方法、当局への事前連絡及びその取扱い許容量等について、独自の規制を設けている場合が多いので、予め調査しておく必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
129位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
106,715

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」開催案内
2.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
3.「貨物の液状化特性に関する研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から