日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


 

【補足】緊急時連絡電話番号の記載例

緊急時連絡電話番号の船積み書類への記載方法は、原則として以下のとおり。

CORROSIVE LIQUID,N.O.S.(CAPRYLYL CHLORIDE)

EMERGENCY CONTACT:011-81-3-0000-XXXX

又は

EMERGENCY CONTACT:011-81-3-YYYY-YYYY (DAY)

45-ZZZ-ZZZZ (NIGHT)

(注1)緊急時連絡電話番号危険品の品名の後に適宜記載する。

(注2)上記の例で 011は米国内から国際電話をかける場合の国際識別番号、81は日本の国番号、3は東京、45は横浜の地域番号、0000は局番号、XXXXは加入者番号。(なお、外国から日本へ国際電話を掛けるときには 03 から 0 を取った  3 だけが東京の、 045から 0 を取った 45 だけが横浜の地域番号となる。)

 

【補足】米国 CHEMTREC 加入電話サービス

米国には THE CHEMICAL MANUFACTURES ASSOCITION (CMA)によって設立されたCHEMTREC (CHEMICAL TRANSPORTATION EMERGENCY CENTER)なる組織があり、自社の危険品を関連データと共に登録さえすれば、誰でもこの組織に加入することができる。CHEMTRECに加入した者(会社)は、緊急時の連絡先としてCHEMTRECを指定することができる。加入に関する問いあわせ先は下記のとおり。

INFORMATION SEVICE HOTLINE : (800) 262−8200

米国以外の国の荷送り人といえども、当該規則の適用を受けることとなるが、米国内へ緊急時連絡先を設ける必要はない。

 

【補足】船積み書類(SHIPPING PAPER)

"Subpart C § 172.200〜172.205" に船積み書類についての規定を設けている。この規定では、次の事項を運送書類に必ず記載しなければならないと規定している。

1. 正式品名:THE PROPER SHIPPING NAME (P. S. N.)

前述3.3.1.3.§172.101 Hazardous Materials Table 第2欄参照

2. 分類又は区分: THE HAZARD CLASS OR DIVISION

前述3.3.1.3.§172.101 Hazardous Materials Table 第3欄参照

3. 確認番号(国連番号): THE INDENTIFICATION NUMBER (UN NUMBER)

前述3.3.1.3.§172.101 Hazardous Materials Table 第4欄参照

4. 容器等級: THE PACKAGING GROUP (PG)

前述3.3.1.3.§172.101 Hazardous Materials Table 第5欄参照

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
130位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
106,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」開催案内
2.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
3.「貨物の液状化特性に関する研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から