日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


 

第4号様式(第25条の6関係)

COUNTRY OF MANUFACTURE

IMO TANK TYPE

APPROVAL COUNTRY JAPAN

APPROVAL NO.

MANUFACTURER'S NAME

MANUFACTURER'S SERIAL NO.

YEAR OF MANUFACTURE

TEST PRESSURE                              MPa

MAXIMUM ALLOWABLE WORKING PRESSURE                   MPa

WATER CAPACITY AT 20℃                       1itres

MAXIMUM GROSS MASS                            kg

ORIGINAL HYDROSTATIC TEST DATE AND WITNESS IDENTIFICATION

CODE TO WHICH TANK IS DESIGNED

METALLURGIC DESIGN TEMPERATURE

MAXIMUM ALLOWABLE WORKING PRESSURE FOR COILS             MPa

TANK MATERIAL

EQUIVALENT THICKNESS IN MILD STEEL                   mm

LINING MATERIAL

CAPACITY OF EACH COMPARTMENT                    litres

MONTH, YEAR AND TEST PRESSURE OF MOST RECENT PERIODIC TEST   MPa

 

備考

1 文字の大きさは,3ミリメートル以上とすること。

2 「METALLURGIC DESIGN TEMPERATURE」は,使用金属の設計温度が摂氏50度を超える場合又は摂氏零下20度未満の場合に限り表示すること。

3 「MAXIMUM ALLOWABLE WORKING PRESSURE FOR COILS  MPa」は,コイル管を備え付けている場合に限り表示すること。

4 「LINING MATERIAL」は,ライニングが施されている場合に限り表示すること。

5 「CAPACITY OF EACH COMPARTMENT  litres」は,区画タンクを有している場合に限り表示すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
129位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
106,773

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」開催案内
2.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
3.「貨物の液状化特性に関する研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から