日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


 

送関係者に通知するため、輸送物に表示し、運送書類に記載しておくことが規則上義務付けられている。

これがない場合には、危規則に違反しているのではないかとの誤解を招くおそれがあるので注意を要する。

少量危険物の要件は次のとおりである。

1 少量危険物として運送できる危険物

少量危険物として運送できる危険物は、別表第9の4(少量危険物)の「分類又は項目」「容器等級」及び「液体、固体」の別に示されているものに限る。

すなわち、次に掲げる危険物は少量危険物として運送できない。

(1) 火薬類(クラス1)

(2) 高圧ガス(クラス2)のうち、正標札Eを付すもの(クラス2.1:引火性高圧ガス)若しくは正標札Gを付すもの(クラス2.3:毒性高圧ガス)又は副標札aを付すもの(引火性の副次危険)、副標札gを付すもの(酸化性の副次危険)若しくは副標札jを付すもの(腐しよく性の副次危険)

(3) 可燃性物質(クラス4.1)のうち自己反応性物質若しくは自己反応性関連物質又は安定化爆発物(危告示別表第9の4備考1(1)に示すもの)

(4) 自然発火性物質(クラス4.2)

(5) 有機過酸化物(クラス5.2)のうち、温度管理を必要とするもの

(6) 病毒をうつしやすい物質(クラス6.2)

(7) 放射性物質等(クラス7)

(8) 有害性物質(クラス9)のうち、エアゾール、アスベスト、ポリ塩化ビフェニル類、ポリハロゲン化ビフェニル類及びポリハロゲン化テフェニル類

[注意事項]

ただし、「エアゾール」は少量危険物規定は適用されないが、「容器検査」を必要としない。

(9) 容器等級が「1」の危険物

2 少量危険物の容器及び包装

(1) 組合せ容器に限る。

使用する「容器及び包装」は、少量危険物として運送しようとする危険物の品名に対して認められている容器(別表第2〜第8に規定している。)のうち、[組合せ容器(2.4.2.1項の説明を参照。)」に限る。

「その他の危険物」の場合であって、その容器及び包装が「x(地方運輸局長の許可)」となっている場合は、地方運輸局長が許可した「組合せ容器」である。

(2) 「組合せ容器」が認められていない危険物は、少量危険物として運送することはできない。

(3) 内装容器の一個一個の「許容容量又は許容質量(正味)」は、分類又は項目、容器等級及び液体、固体の別に別表第9の4に規定されている。ただし、高圧ガスにあっては、内装の最大容積が規定されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
121位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
104,846

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」開催案内
2.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
3.「貨物の液状化特性に関する研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から