日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


 

IBC(BCH)コード : バルクケミカルコード

IGCコード、IBCコードは、GCコードと BCHコードの間の残存復原性要件等に関する調和をはかったコードで、新造船等は IBCコードが適用される。なお、IMOにはこの他に固体ばら積みに関する BCコード、個品運送に関するIMDGコード(危規則告示に対応)がある。

IBCコード第17章 : コードを適用する物質ごとの構造等の最低要件及び特別要件の一覧表(告示別表第8の3に対応)

(BCHコード第6章): IBCコード第18章 : コードを適用しない物質の一覧表

(BCHコード第7章):

 

2.3.1 海防法の規制を受けるかどうかの確認方法と手続き

〔図−1〕に示したように海防法ではすべてのばら積み液体物質を次の4つに分けている。

1)常温で液体でない物質(高圧ガス、液化ガス等)

2)油及び油性混合物

3)有害液体物質(A、B、C、D類物質)

4)無害液体物質

規制対象となるのは、2)及び3)であるが、2)については省略し、3)と4)の確認について説明する。

[注意事項]

確認の対象となるのは、1)及び2)以外のすべての液体物質で、化学品に限らず食品等も対象となる。

[手順−1]

◎ 既査定物質かどうかを確認する。

有害液体物質及び無害液体物質は海防法施行令別表第 1、第1の2及び環境庁告示にその名称が示されている。そこで先ず運送しようとする液体物質の名称、がこれらの表に記載されているかどうかを調べる。

* 記載されている場合は、引続き 2.3.2の危規則の確認を行う。

* 記載されていない場合は、「未査定物質」なので〔手順−2〕以降の手続きが必要である。

[注意事項〕

1. 混合物は、混合物として名称が記載されていないと「未査定物質」となるが、「既査定物質のみからなる混合物」は「既査定物質」として扱うこととなっている。

この場合の混合物の汚染分類は、10%ルール(例えば、B類とC類の混合物の場合、B類を10%以上含有していればB類、10%未満であればC類とする等)とA類物質等が10%未満の場合の総理府令基準によって決定する。

(注)詳細は環境庁通達の環水企第176号及び環水企第177号を参照のこと。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
121位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
104,752

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」開催案内
2.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
3.「貨物の液状化特性に関する研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から