日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 図書館 > 成果物情報

2020年度 Markers of epistemic modality and their origins. Studies

 事業名 「日本財団助成手話言語学研究部門」の設置及び手話言語学事業の推進
 団体名 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館 注目度注目度1


2020年度 Markers of epistemic modality and their origins. Studies

この成果物はCANPAN事業成果物(http://fields.canpan.info/report/)で公開されています。
公開されている成果物をご覧いただくには、上記成果物名のリンクからダウンロードを行ってください。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
31,647位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
2

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.2020年度 SiLLR Webサイト
2.2020年度 大阪大学全学教育「手話の世界と世界の手話言語☆入門」webサイト
3.2020年度 手話言語と音声言語に関する民博フェスタ2020/SSLL2020webサイト
4.2020年度 手話言語学基礎講座webサイト
5.2020年度 “Goat-Sheep-Mixed-Sign” in Lhasa
6.2020年度 Taiwan Sign Language e-books for children
7.2020年度 語言學: 結構、認知與文化的探索
8.2020年度 The well-formedness and the ill-formedness of the JSL type-III syllable
9.2020年度 『アジア太平洋諸国の手話』(DVD付)
10.2020年度 Variation in the numeral system of Japanese Sign Language…
11.2020年度 Linguistic and cultural design features of sign language in Japan
12.2020年度 全国サミット・教育長会議 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から