日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(3)VHF無線電話装置
 船橋、その他管海官庁が適当と認める場所に装備する。
 一般的に、他の船舶の動向を見ながら通信するのに便利な場所である操舵室の前壁に装備する。なお、操舵室両翼にハンドセット用レセプタクル(キャップ付)を装備する。
(4)VHFデジタル選択呼出装置及び聴守装置
 遭難周波数を送信及び受信するため(聴守装置においては連続的に聴守するため)船橋に装備する。
 VHF無線電話に組込まれているものがあるので、それを装備すると便利である。
(5)MF(又はHF)デジタル選択呼出装置及び聴守装置
 MF(又はHF)無線装置ラックに組込まれているものがあるのでそれを装備すると便利である。
 一般的に無線装置(体体)は機器室に装備しリモート・コントローラを船橋、その他管海官庁が適当と認める場所に装備する。
 以下にMF/HF無線設備の取付けの具体例を示す。
 〔MF/HF無線設備の取付け例:図4・38〜図4・50参照〕
(a)本体
(イ)取付け前の準備
 取付けはケーブル布設の完了及び下図のメンテナンススペースが確保されていることを確認した後行うこと。
 
図4・38 MF/HF無線設備
メンテナンススペース
(拡大画面:77KB)
 
(ロ)据付架台の製作
 
 
(1)不等辺山形鋼150×100×10を下図の様に切断して作製すること。
(2)接合箇所はすべて溶接にておこない、溶接後は、上面部を平面に仕上げること。
(3)溶接後防錆処理を行うこと。
 
図4・39 据付架台
 
(ハ)アースボルトの溶接
 アースボルトを床面に溶接のこと。
 アースは、電波の誘導障害の防止、有害な雑音の防止の外に、設置空中線能率に影響を及ぼし、電波の発射、受信において重要な役割を担っている。以下のアース施工は、特に注意をはらって厳重に実施のこと。
 
 据付架台・アースボルトの溶接と配線穴の範囲
 
図4・40 アースボルトの溶接
注)架台を溶接する時の寸法位置関係は図4・38を参照のこと。
 
(ニ)コーミングの溶接
 配線穴の範囲に下図のようにコーミングパイプを溶接する。
 
図4・41 コーミングパイプの溶接







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
119,170

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
9.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から