日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


3・3 負荷力率改善用コンデンサの容量計算
上図において力率:cosθ2
皮相電力OB=Po〔kVA〕
有効電力OA=P=Pocosθ2〔kW〕なる負荷Pを一定として、力率cosθ2をcosθ1に改善するためには、
 無効電力AB=Qo=Ptanθ2〔kVar〕
に減少させればよい。
 従って所要無効電力〔kVar〕Qは次のようになる。
Q=Qo-Q1=P(tanθ2-tanθ1)〔kVar〕
 実用的には進相コンデンサを使用し、〔kVA〕で表わされるから所要進相コンデンサの所要容量Qは次式により求められる。
 上式からcosθ2を縦軸に、Q/Pを横軸にとり、これらの関係を図示すれば次のグラフのように力率cosθ1に関する曲線ができる。
 
図3.1 コンデンサ容量と進相前後の力率との関係
(kW負荷を基準とする場合)
 
〔例題〕三相100〔kW〕、遅れ力率70%の負荷の力率を85%に改善するに要するコンデンサの容量〔kVA〕を求めよ。
〔答〕 (1)計算による方法
題意により P=100kW、cosθ2=0.7
cosθ1=0.85であるから
(2)グラフにより算定する方法
 力率(cosθ2)70〔%〕を85〔%〕に改善するには図3・1において70〔%〕に相当する水平線と85〔%〕曲線との交点から垂直線を下し、横軸との交点40〔%〕が負荷電力の百分率で示したコンデンサ容量〔kVA〕である。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
52位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
201,932

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
5.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から