日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 日本史 > 成果物情報

「阿部正弘と日米和親条約」展 図録

 事業名 海と船の企画展
 団体名 中国海事広報協会  


関連年表
 
元号 西暦 月・日 出来事
文政元 一八一八 五・一四 イギリス船ブラザース、浦賀来航、貿易を求める幕府、拒絶
一八一九 一〇・一六 阿部正弘、江戸に生まれる
一八二〇 一二 幕府、浦賀奉行に相模沿岸警備を命じる
一八二四 五・二八 イギリス捕鯨船、常陸大津浜に来航、上陸船員を水戸藩捕らえる
一八二五 二・一八 異国船打払令
十一 一八二八 一二・二三 オランダ商館医師・シーボルト、禁制品国外持出し発覚により長崎出島に拘禁(翌年国外追放)
天保四 一八三三   この年から天保の飢饉が激化、全国で一揆・打ちこわしが起きる
一八三五   アメリカ、この年から東インド艦隊を常設
一八三六 一二・二五 阿部正弘、家督を嗣ぐ
一八三七 大塩平八郎の乱
三・七 阿部正弘、福山へ帰藩(五・九江戸へ出立)
六・二八 アメリカ船モリソン、浦賀へ来航、砲撃により退去(モリソン号事件)
九・二 徳川家慶、一二代将軍に就任
一八三九 幕府、江戸町医師・高野長英らを逮捕(蛮社の獄)
十一 一八四〇 五・一九 阿部正弘、寺社奉行見習就任(一一・八寺社奉行就任)
この年、アヘン戦争始まる
十二 一八四一 天保の改革始まる 高島秋帆、幕命により徳丸原で砲術訓練行う
幕府、庄内藩内の一揆により三方領地替を撤回
一〇・五 阿部正弘、下総中山村法華寺事件(僧侶の女犯事件)の裁断を下す
一二 株仲間解散令
十三 一八四二 七・二四 南京条約締結
七・二六 薪水給与令(異国船打払令撤回)
八・三 幕府、川越・忍両藩に江戸湾警備を命じる
十四 一八四三 閏九・一一 阿部正弘、老中就任
閏九・一三 水野忠邦、老中罷免
十五 一八四四 三・一一 フランス船アルクメーヌ、琉球に来航し通商を要求、宣教師残留
五・六 幕府、徳川斉昭に謹慎を命じる(五・一二隠居を命じる)
六・一三 阿部正弘、五・一〇の江戸城本丸炎上により本丸普請総奉行となる
七・二 オランダ軍艦パレンバン、国王開国勧告書を携え長崎に来航
一八四五 二・二二 阿部正弘、老中首座となる
五・二 イギリス船サラマン、琉球に来航し通商を要求
六・一 オランダ国王開国勧告を拒絶する返書を老中連署で送る
六・二七 幕府、海防掛を設置
一八四六 二・一三 孝明天皇践祚
四・五 イギリス船スターリング、琉球に来航、宣教師残留
五・一三 アメリカ、メキシコに宣戦布告、メキシコ戦争始まる(戦闘はこの前から)
フランス・セシーユ艦隊、琉球に来航し通商を要求
閏五・二七 アメリカ・ビッドル艦隊、浦賀に来航し通商を要求、拒絶
六・五 阿部正弘、帰藩する島津斉彬に琉球の処置を一任
七・三〇 海防掛、阿部正弘の異国船打払令復活の諮問に反対の上申
八・一一 海防掛、阿部正弘の大船建造解禁の諮問に反対の上申
一八四七 二・一五 幕府、彦根・川越・会津・忍四藩に江戸湾警備を命じる
四・一六 幕府、浦賀奉行所に外国応接事務専念し、警備は四藩と協議することを命じる
九・一 阿部正弘の尽力により、徳川斉昭七男昭致、一橋家を相続し慶喜と改名
嘉永元 一八四八 五・一四 阿部正弘、海防掛に異国船打払令復活を諮問(海防掛は反対を上申)
この年、アメリカ・カルフォルニアで金鉱発見(翌年ゴールドラッシュ)
一八四九 三・二六 アメリカ軍艦プレブル、長崎に来航、抑留米船員引渡しを求める(四・五引取り退去)
閏四・八 イギリス軍艦マリナー、浦賀に来航、数日江戸湾を測量
五・五 阿部正弘、三奉行・海防掛等に異国船打払令復活を諮問(反対の上申多数)
一八五〇 一二・二五 幕府、異国船打払令復活を予告し海防強化を命じる
太平天国の動乱始まる
一八五一 一・三 中浜万次郎らアメリカ船から琉球へ上陸
二・二 島津斉彬、薩摩藩主襲封
三・八 株仲間再興令
一八五二 五・二五 阿部正弘、五・二二の江戸城西丸炎上により西丸普請総奉行となる
八・一七 オランダ商館長・クルチウス、翌年アメリカ艦隊来航の情報を幕府に告げる
一〇・七 ロシア・プチャーチン、クロンシュタットを出航
一〇・一三 アメリカ・ペリー、ノーフォークを出航
一八五三 四・一九 ペリー艦隊、那覇来航
五・一四 阿部正弘、西丸造営などにより一万石加増される(翌年、備後・備中での加増決まる)
五・一八 プチャーチン艦隊、香港入港
六・三 ペリー艦隊、浦賀来航
六・五 プチャーチン艦隊、香港出航
六・七 阿部正弘、徳川斉昭を訪問、意見を問う
六・九 幕府、久里浜応接所でアメリカ合衆国大統領国書を受領
六・一二 ペリー艦隊、浦賀退去、琉球へ向う
六・二二 一二代将軍徳川家慶死去
七・一 幕府、諸大名にアメリカ国書を示し意見を諮う
七・三 ペリー艦隊、香港入港 徳川斉昭、海防参与となる
七・一八 プチャーチン艦隊、長崎来航
八・一九 長崎奉行、ロシア国書受領
八・二五 品川台場着工
九・一五 幕府、大船の建造を解禁
一〇・四 トルコ、ロシアに宣戦布告
一〇・二三 プチャーチン艦隊、長崎出港 徳川家定、一三代将軍となる
一一・一 幕府、アメリカ使節再来に対する方針決定
一一・七 幕府、中浜万次郎を登用
一二・五 プチャーチン艦隊、長崎再来航(一二・一四交渉開始)
一二・一六 ペリー艦隊、香港出港
一八五四 一・八 プチャーチン艦隊、長崎出港
一・一六 ペリー艦隊、神奈川沖に再来航
二・一〇 横浜で日米の交渉始まる
三・三 日米和親条約締結
三・二三 プチャーチン艦隊、三度長崎来航
二・二四 幕府、下田奉行を設置
三・二八 イギリス・フランス、ロシアに宣戦布告、クリミア戦争始まる
吉田松陰、下田でアメリカ密航に失敗
四・一〇 阿部正弘、辞意を表明、慰留される
四・三〇 徳川斉昭、海防参与を辞任
五・一〇 浦賀奉行所建造の初の国産洋式軍艦鳳凰丸竣工
六・二 ペリー艦隊、下田を出港、琉球へ向う
六・一七 ペリー、琉球と修好条約締結
六・三〇 幕府、箱館奉行を設置
閏七・一五 イギリス・スターリング、長崎に来航
八・二三 日英和親条約調印
安政元   一二・一二 薩摩藩が建造の洋式軍艦昇平丸竣工
一二・二一 日露和親条約を下田で調印
一八五五 一・五 日米和親条約批准書を交換
一・一六 福山藩校・誠之館開講(前年九月着工、一二月竣工)。
幕府、天文方蕃書和解御用掛を洋学所に独立させる
二・二四 幕府、松前地を除く蝦夷地一円を上知する
損傷したロシア軍艦ディアナの代船ヘダ、伊豆戸田村で完成
六・九 オランダ国王、蒸気船スームビング(後、観光丸)を幕府に寄贈
七・二九 幕府、長崎に海軍伝習所を設立
八・一四 幕府、徳川斉昭を幕政参与とする
一〇・二 安政の大地震
一〇・九 堀田正睦、老中復帰、首座となる
一二・二三 日蘭和親条約締結
一八五六 二・一一 幕府、洋学所を蕃書調所と改称
二・二五 パリ平和条約成立、クリミア戦争終わる
四・二五 幕府、講武所を開く
五・七 阿部正弘、藩士蝦夷地調査に派遣
岡山藩で渋染一揆が起こる
七・一二 水戸藩建造の洋式軍艦旭日丸竣工
八・四 阿部正弘、評定所・海防掛等に交易仕法の変革を諮問
八・五 アメリカ領事・ハリス、下田に着任
九・一〇 アロー号事件(アロー戦争に発展〜一八六〇)
一〇・一七 幕府、老中・堀田正睦に外国事務取扱を命じる
一八五七 四・一五 阿部正弘、藩士を蝦夷地調査に再派遣
四・一七 セポイの反乱、インドで起こる(〜一八五九)
六・一七 阿部正弘死去
一〇・二一 ハリス、将軍に謁見、大統領国書を奉呈
一八五八 井伊直弼、大老就任
天津条約締結
六・一九 日米修好通商条約調印、以後蘭、露、英と条約調印
六・二三 ムガル帝国滅亡、イギリスのインド植民地化完了
七・六 徳川家定死去
七・一五 島津斉彬死去
九・八 幕府、梅田雲浜捕縛、安政の大獄始まる
一〇・二五 徳川家茂、一四代将軍就任
一八五九 八・二七 幕府、徳川斉昭に永蟄居を命じる
一八六〇 一・一九 勝海舟ら、咸臨丸でアメリカヘ向う
三・三 井伊直弼、暗殺される(桜田門外の変)
万延元   八・一五 徳川斉昭死去







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
278位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
41,485

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「北前船とその時代」展 図録
2.山原の津(港)と山原船(なきじん研究)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から