日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

中国主要造船企業の概要と事業展開に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


13.3 業務
13.3.1 業務内容
 ばら積み貨物船、油槽船、コンテナ船、大型コンテナ船等商船の建造。
 
13.3.2 設備
 
表13-5: ドック数
長さ(m) 幅(m) 深さ(m) 万DWT クレーン 備考
350 68 12.8 30 300t×2、150×2 ドライ・ドック
 
表13-6: 艤装岸壁
長さ(m) 万DWT クレーン
650 60 50t×1、20t×1、10t×1
 
表13-7: その他設備
設備名称 設備規格
門式クレーン 300t×2
40tロッカー・アーム式クレーン 150t×2、40t×1
50tロッカー・アーム式クレーン 50t×1、10t×1
プラズマ切断機 2
40t自動車クレーン 1
デジタル切断機 1
船体作業場 38,000m2
組立作業場 34,000m2
パイプ/ギ装作業場 18,000m2
塗装作業場 12,000m2
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
13.3.3 受注・建造実績
 
表13-8 主要受注・建造実績一覧表
種類・用途 船名 DWT/TEU 船主 船級 交付時期
ばら積み船 FENGHAI 47,500 COSCO ABS 1999.11.30
ばら積み船 LIANHUAHAI 47,500 COSCO ABS 2000.5.30
ばら積み船 DINGXIANGHAI 47,500 COSCO ABS 2000.8.30
ばら積み船 NANTOR 49,500 SETAF(フランス)BV 2001.1.11  
ばら積み船 SHANGOR 49,500 SETAF(フランス)BV 2001.4.17  
コンテナ船 COSCO ANTWERP 68,900/5446 COSCO ABS 2001.9.27
コンテナ船 COSCO FELIXSTOWE 68,900/5446 COSCO ABS 2004.4.24
ばら積み船 ORIENTOR2 49,500 SETAF(フランス) BV 2002.7.16
ばら積み船 GREAT OLYMPIA 47,500 中外運 ABS 2002.5.15
ばら積み船 GREAT SCENERY 47,500 中外運 ABS 2002.8.28
VLCC COSGREATLAKE 300,000 COSCO DNV/CCS 2002年末
VLCC COSBRIGHTLAKE 300,000 COSCO DNV/CCS 2003.5
ばら積み船 - 49,500 COSCO - 2003.8
ばら積み船 - 55,000 SETAF(フランス) 2004  
ばら積み船 - 55,500 COSCO - 2002.11受注
ばら積み船 - 49,000 (シンガポール) 2002.8.8受注  
種類・用途 船名 DWT/TEU 船主 船級 交付時期
ばら積み船 FENGHAI 47,500 COSCO ABS 1999.11.30
ばら積み船 LIANHUAHAI 47,500 COSCO ABS 2000.5.30
ばら積み船 DINGXIANGHAI 47,500 COSCO ABS 2000.8.30
ばら積み船 NANTOR 49,500 SETAF(フランス) BV 2001.1.11
ばら積み船 SHANGOR 49,500 SETAF(フランス) BV 2001.4.17
コンテナ船 COSCO ANTWERP 68,900/5446 COSCO ABS 2001.9.27
コンテナ船 COSCO FELIXSTOWE 68,900/5446 COSCO BV 2004.4.24
ばら積み船 ORIENTOR2 49,500 SETAF(フランス) BV 2002.7.16
ばら積み船 GREAT OLYMPIA 47,500 中外運 ABS 2002.5.15
ばら積み船 GREAT SCENERY 47,500 中外運 ABS 2002.8.28
VLCC COSGREATLAKE 300,000 COSCO DNV/CCS 2002年末
VLCC COSBRIGHTLAKE 300,000 COSCO DNV/CCS 2003.5
ばら積み船 - 49,500 COSCO - 2003.8
ばら積み船 - 55,000 SETAF(フランス) - 2004
ばら積み船 - 55,500 COSCO - 2002.11受注
ばら積み船 - 49,000 (シンガポール) - 2002.8.8受注
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
13.3.4 その他
●設計レベル
 船舶の設計を専門に行う設計部がある。
 設計部の設計員は115人で、うち工程師は42人、高級工程師は7人。
 
●日系・外国企業との提携
 主な造船技術・設備は日本側出資者の川崎重工株式会社から導入。会社の経営管理方式も親会社である川崎重工株式会社にならっている。
 他の外国企業との技術提携もある。2001年12月、イギリスHarry Wolf技術サービス会社とSUEZMAX型油槽船の設計業務で提携。Harry Wolf技術サービス会社が南通中遠川崎向けに設計する油槽船は全長264m×幅50m×型深23m×設計喫水16m、船倉容積17.5万m3。基本設計は2002年3月に完成、最終設計は2003年に完成予定。
 
13.4 経営・財務状況
13.4.1 資本金・出資者
 
表13-9: 主要出資者及び出資率
(2001年12月31日現在)
出資者 出資率
中国遠洋運輸(集団)総公司 50%
川崎重工業株式会社 50%
出所:国家工商行政管理局
 
13.4.2 売上げ
 
図13-3: 近年の売上げ額の推移
単位:万元
出所:国家工商行政管理局
 
13.5 今後
13.5.1 最近のトピック
1)艤装岸壁にエスカレーターを据付(2002年4月)
 艤装岸壁に全長約50m、高さ20mの室外エスカレーターを据付け。
 
2)大型コンテナ船を引渡し(2002年4月)
 5,650TEUコンテナ船を引き渡し。これまで中国で建造した最大のコンテナ船。
 
3)滬東重機にVLCC用エンジンを発注(2002年6月)
 滬東重機股有限公司とVLCC用エンジン1基の発注契約を上海で締結。
 これまで中国国内で建造した最大出力の舶用ディーゼルエンジン。
 
4)VLCC進水(2002年10月)
 大連遠洋運輸公司から受注したVLCCの第1船目が進水。これは中国船主が初めて発注したVLCCである。全長333m×型幅60m×型深29m×設計喫水18.68m、航海速力は15.9kt。今回初めて中国船級協会(CCS)及びノルウェー船級協会(DNV)の両船級協会の規格で建造。
 
5)2隻目のVLCCが進水(2003年1月)
 大連遠洋運輸公司から受注したVLCCの第2船目が進水。2003年5月竣工予定。
 
13.5.2 事業計画
 近代的経営の造船所で、自動化、コンピュータ管理で新造船を行っている。新造船ドックが1基しかなく、年間生産能力が限られるため、高技術、高付加価値の船舶を建造しようとしている。
 VLCC、SUEZMAX・AFRAMAXタンカー、5,250TEUコンテナ船、5〜18万DWTのばら積み船を建造する計画。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
217位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
50,674

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2003
2.中国造船業の概要<2002年>
3.中国造船業の概要<揚子江流域>
4.2003年度 欧州造船政策動向調査
5.中国主要海運企業の概要と事業展開に関する調査
6.国際海事情報シリーズ76 タイ国におけるフェリー網整備に関する調査
7.国際海事情報シリーズ77 米国における次世代水上交通システム構築に関する調査
8.国際海事情報シリーズ78 米国における舶用ベンチャーの事業化支援制度に関する調査
9.国際海事情報シリーズ79 欧州における航海機器のシステム化の現状と動向に関する調査
10.国際海事情報シリーズ80 天然ガスの新たな輸送方式に関する調査
11.国際海事情報シリーズ81 欧州の国家造船業を支援するEUの諸政策
12.国際海事情報シリーズ82 欧州舶用関連企業による対中国戦略に関する実態調査
13.国際海事情報シリーズ83 太平洋諸国(オセアニア諸国)における新規造船需要と経済協力に関する調査
14.国際海事情報シリーズ84 欧州造船業を巡る知的財産権とその保護-英国を中心として-
15.国際海事情報シリーズ85 最近の米国の海洋政策策定の動向
16.国際海事情報シリーズ86 東南アジアにおける内航船の安全・環境規制に関する調査
17.国際海事情報シリーズ87 アフリカ諸国造船需要動向調査
18.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から