日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 国防.軍事 > 成果物情報

海と安全(冬号)No.519 「洋上救助救急の最前線」

 事業名 海難防止情報誌の発行・配布
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


海と安全(冬号)No.519
「洋上救助救急の最前線」
 
目次
【特集】洋上救助救急の最前線
 
座談会:洋上救助救急はわれらの任務/
虻川浩介・林輝彦・岡大一郎・斉藤豊・日本海難防止協会
わが国における海上捜索救助体制/海上保安庁警備救難部救難課
英国における海上捜索救助体制/山地哲也
大規模病院の参加協力が制度充実への課題/取材・遊佐透
迫りくる不安のなか漂流2日間で得たものとは/取材・山崎栄二
発病者への早期対応考え両機関に救助を要請/取材・佐々木鐡男
制度充実とともに自身ができる対策の実践を/富山俊二
「おじいとおばあ」長生きの助けとなれば/境祥光
実践に即した訓練の必要性を痛感/南郷裕宣
洋上救急センターを設け活動を充実/岩元健郎
洋上救急にかかわる無線医療通信の普及を願う/小野修
 
その他
第8回海洋文学大賞の作品募集/日本財団・日本海事広報協会
海の気象 衛星からの海上風観測データの数値予報への利用/大橋康昭
新刊紹介/「ペンギン救出大作戦」/上田一生 訳
海守の活動/海守事務局
主な海難と統計/海上保安庁
船舶海難の発生状況/海上保安庁
うごき
編集レーダー
 
 
この成果物は、PDF形式でも作成されています。ご覧になるためにはあらかじめAcrobat Readerが必要です。「Get Acrobat」ボタンをクリックして無料のAcrobat Readerを入手する手順をご確認下さい。
 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,320位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
622

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.海と安全(秋号)No.518 「どうする!放置船・艇」
2.海と安全(春号)No.520 「サブスタンダード船を排除できるか!」
3.海と安全(夏号)No.517 「頻発する外国船海難」
4.危険物の海上輸送時の事故対応策の研究報告書(その1)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から