日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


(拡大画像:669KB)
 
ごあいさつ
 光市室積は天然の良港をもち、古来瀬戸内海の要津としてその名を知られていました。
 特に江戸時代には、瀬戸内海は日本の物流の大動脈の一つで、日本海沿岸や西日本各地と大阪を結ぶ海運が盛んになり、北前船や全国各地の船が盛んに室積に出入りしていました。
 全国的に見ても早い、元禄15(1702)年には室積湾入口に「灯籠堂」が建ち、萩毛利藩は瀬戸内海の商品流通に係わって、年貢米の売り捌きや越荷商いをおこなう重要な役所を、ここ港町室積に置きました。
 江戸後期から明治初期には、室積地区には大小の廻船を持つ問屋や海運業者が多数集まり、全国各地の船や人が多数出入りし、大変に繁栄していたことが、この町の社寺の玉垣や奉納絵馬などでも分かります。
 もう一面では、強力な漁業権を持つ藩の御立浦として、漁業の盛んな地域で、かつては「ボラ敷網漁」「イワシ網漁」「打瀬網漁」「タイの吾智網漁」などで栄えた、沿岸漁業の町でもありました。
 光ふるさと郷土館は、この繁栄した港町の中心的廻船問屋と、分家で醤油醸造販売業者の家屋や醤油蔵などを生かし、「北前船の寄る港町」としての廻船や、海の商いの資料を中心に、地元の重要な産業である、漁業関係資料を合わせて展示した資料館です。
 毎年企画展として「船模型と船・海の写真展」を、開催してきましたが、今回はそれをさらに発展させ、誰にも理解し易い廻船資料と漁業資料を、写真や図版のパネルで追加展示し、室積の海を象徴する写真と絵画の展示を加えて、港町室積紹介の特別企画展としました。
 港町室積に係わる廻船と漁業の資料、色々な材料で精巧に作られた各種の船の模型や懐かしい写真などをご覧いただき、わが故郷の歴史や海洋と船への理解を、さらに深めていただければ幸せです。
 終わりに、本企画展を開催するに当り、ご協力・ご尽力賜りました関係機関と、関係者に対し衷心より感謝し、お礼を申し上げます。
主催者







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,428位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
1,959

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
6.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
7.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
8.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
9.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から