日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


ごあいさつ
 海洋画家・上田毅八郎さんの作品のうち、帆船と近代客船の水彩画を展示いたします。
 氏は日本のボックスアート(箱絵)の草分け的な存在で、模型の箱に精密な船・飛行機・車などの絵を描き、購買力を高めるためにその腕をふるいました。氏は第2次世界大戦で利き腕(ききうで)の右手が不自由となり、その後は不撓不屈(ふとうふくつ)の精神で絵筆を左手に持ちかえてこれらの作品を生み出しました。船は設計図を見ただけで再現できるほどの想像力と、白波は写真よりもリアルに見えるほどずば抜けた観察力の持ち主といえるでしょう。
 当館では折に触れて上田さんの展覧会を開催してまいりました。今回も作品の持つエネルギーと職人芸の領域を感じとって頂ければと思います。
 
 
上田毅八郎氏 略歴
大正9年、藤枝市に生れる。父は建築塗装業を営む。小さな頃から乗り物が大好きだった氏の夢は、パイロットになることであった。
 
昭和18年、浜松高射砲第1連隊へ入隊。空ではなく海へ、船舶砲兵として船に乗り込む。
 
昭和19年、乗船していたマニラ湾停泊中の「金華丸」が米軍の砲撃を受け、その時飛び散った破片で利き腕である右手に重傷を負い、以後右手が不自由となる。
 
昭和20年11月、復員し、塗装業を営む。
 
昭和21年より、左手で字が書けるように書道塾に通い始める。28歳になっていた。字の練習から、やがて大好きな乗り物の絵を描き始める。
 
昭和42年、静岡市内のプラスチックモデル会社より注文を受けた戦艦「大和」の作品がヒットする。
 
昭和51年、講談社出版「世界の大帆船」で、帆船画家として脚光を浴びる。
 
平成3年7月、フェルケール博物館にて「海洋船舶画家上田毅八郎作品展」を開催。
 
平成4年9月、フェルケール博物館にて、サンタマリア号清水寄港記念として「上田毅八郎帆船画展」を開催。
 
平成14年4月、フェルケール博物館にて、企画展「上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船」を開催。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
978位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
11,582

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
6.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
7.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から