日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2・17 航海用レーダーとEPA・ATA・ARPAの関係
(拡大画面:93KB)
図2・17・1 航海用レーダーとEPA及びATAの関係
 
(拡大画面:47KB)
図2・17・2 第2の航海用レーダーとATA及びARPAの関係
 
2・18 図示されていない搭載が必要な航行設備等
 第2章の図に示した航行設備は、主として新規に搭載が必要となる航行設備について、船舶の種類・トン数に応じた適用基準を示しているので、従来どおりに搭載が必要な下記の航行設備については、従来どおりということで図示されていないことに留意されたい。
(1)磁気コンパス
 新SOLASでは、すべての船舶に自差修正された標準の磁気コンパスが操舵場所からその指示が見えるように備えることになっている。これによると、従来許された羅盆のみでは適合しないことになるので、何らかの追加規定が必要に思われる。
(2)方位盤
 反映式のコンパスの規定があるから、特に必要がないとされているが、簡便で安価な方位盤でよいものを高価で使用しにくい反映式磁気コンパスを備えさせる意義が不明である。
(3)真方位への改正手段
 従来どおり最新の残存自差曲線か自差表を備えておればよいことは理解できるが、新SOLASでは更に真方位への改正手段を要求している。これは常に航海位置による偏差値の常備も要求している。紙海図には記入してあるが、電子海図装置では容易に利用できるように常に表示しているとは限らない。
(4)海図
(5)レーダー反射器
 新SOLAS条約では、150GT未満の船舶であって、実行可能な場合となっているが、150GT未満の船舶については、その適用の程度を主管庁が決定できるので、我が国においては、従来どおり50GT未満の船舶に義務付ける予定である。
(6)非常操舵場所への船首方位連絡電話
 非常操舵場所がある船では、必ずこの船首方位連絡電話が必要であるが、通常の無線電話では船体内部の非常操舵場所と船橋との間の通信ができない場合がある。
(7)予備の磁気コンパス
 新SOLASでは、操舵に用いる磁気コンパスと交換が可能なものとなっている。従来の設備規程では、この点が明示してない。
(8)昼間信号灯
(9)ジャイロ・コンパス
 IMOのジャイロ・コンパスの規定(A.424)ではレピータを持つことは当然のこととして規定がされており、これを受けてISOのジャイロ・コンパスの規定(ISO 8728)では必ず方位測定用レピータを備えていることになっている。
(10)非常操舵用ジャイロコンパス・レピータ
(11)舵角・回転数・推力等の指示器







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
211位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
52,433

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
4.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
5.無線設備講習用指導書(法規編)
6.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
8.船舶電気装備資格者名簿
9.初級講習用指導書(電気装備概論編)
10.初級講習用指導書(電気機器編)
11.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から