日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 日本史 > 成果物情報

「日・米・韓三国の枠組みから見たこれからの日朝関係」?その課題と日本の政策?

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5
「日・米・韓三国の枠組みから見たこれからの日朝関係」−その課題と日本の政策−images/b0095.jpg
(拡大画面: 154 KB)
目次
 
 はじめに
 
 要 約
 
 序 論
 
 [第1章] 朝鮮半島及びその周辺環境の変化
  [1] 朝鮮半島及び周辺情勢:変化のはじまり
   1. 朝鮮半島問題の韓国化(Koreanization)の契機
   2. 地域安保情勢の再検討と状況の把握
   3. 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の苦悩
  [2] 朝鮮半島情勢の変化が日本へ投げかけた波紋
 
 [第2章] 最近の日朝関係の展開及び問題点
  [1] 脱冷戦時代における日朝関係の展開
   1. 金丸ショック
   2. 北朝鮮の核開発疑惑と日朝交渉の決裂 [註7]
   3. 日本人拉致疑惑と「テポドン」の衝撃
   4. 日韓新時代の幕開けと対北朝鮮包容政策への参画 : 軍事抑止 (deterrence) から対話 (dialogue) へ
  [2] 日朝国交正常化交渉の主な争点とその教訓
   1. 国交正常化交渉の再開と経過
   2. 主な懸案別争点
   3. これまでの交渉の教訓
 
 [第3章] 北朝鮮政策に関して日本が考慮すべき事項
  [1] 北朝鮮政策が日本の対外関係において持つ意味
   1. 北朝鮮半島政策
   2. 北東アジア地域戦略再調整の出発点
   3. 国際社会における日本の地位再位置付け
  [2] 北朝鮮政策を決定する際に考慮すべき点
   1. 北朝鮮の軍事的脅威の正確な評価
   2. 北朝鮮政策交渉の「ボトム・ライン」
   3. 国交正常化交渉における北朝鮮のミサイル脅威
   4. 北朝鮮との関係正常化とその速度
   5. 日・米・韓三国間の政策協調
   6. 日・米・韓三国間の役割分担
   7. 日本人拉致問題への対応
   8. 朝鮮半島の平和定着と日本の役割
   9. 北朝鮮に対する社会間接資本投資
   10. 在韓米軍と日本の対応
  [3] その他注目すべき諸問題
   1. 日本の国内政治と北朝鮮
   2. 韓国民の対日感情
   3. 米中関係
 
 [第4章] 日本が選択しうる政策
  [1]北朝鮮政策のジレンマ
  [2]政策の基本方針
  [3]具体的な政策課題
   1. 北朝鮮の軍事的脅威の抑止と排除のための戦略
   2. 地域の平和と安定のための大量破壊兵器(WMD)拡散抑止戦略
   3. 北東アジア地域内における日本の地位向上と政策調整
   4. 日米安保同盟と朝鮮半島政策との調和
   5. 国際社会における日本の地位向上
   6. 朝鮮半島統一後への準備
   7. 朝鮮半島と急変事態
   8. 国内世論の支持
 
 結びにかえて
 
 [註]
 



関連ホームページ:http://www.tkfd.or.jp/index.shtml
 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



関連する他の成果物

1.ニューズレター「Intellectual Cabinet」No.47?65 (http://www.tkfd.or.jp)
2.哈日・哈日 島国文化交流(http://www.tkfd.or.jp)
3.「新世紀東京国際アニメフェア21」公式ガイドブック
4.2000年度 東京財団年次報告書
5.2000?2001 ANNUAL REPORT
6.東京財団 事業概要
7.東西文化・思想比較研究事業 報告書
8.Policy Analysis Review ?
9.Intellectual Cabinet 2001
10.WORKING PAPER 9.中国の地方都市における北東アジア交流のための知的インフラ調査
11.WORKING PAPER 10.日本の「歴史問題」:その現状と提言
12.「政策シリーズ」19号 日米同盟:ガイドラインを越えて
13.「論点シリーズ」No.33 IT革命と日本の安全保障
14.「論点シリーズ」No.34 メディア・リテラシーと市民社会 IT革命に欠けている視点
15.「論点シリーズ」No.35 中国から見た朝鮮半島情勢
16.WORKING PAPER 11.地域社会のリインベンション
17.平成15年度船の科学館事業年報
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から