日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


参考資料

 

東京財団国際フォーラムについて

 

期間

2000年7月から2001年2月まで

 

パネリスト(順不同、敬称略)

牧野圭一 (漫画家、京都精華大学教授) 座長

大村皓一 (宝塚造形芸術大学教授) 顧問

竹内宏彰 ((株)マンガズー・ドット・コム代表取締役社長) 顧問

橋本大二郎 (高知県知事)

梶原拓 (岐阜県知事)

松本零士 (マンガ家)

山口康男 (東映アニメーション(株)社長室参与)

高城剛 (ハイパークリエーター、フューチャーパイレーツ(株)社長)

黒須正雄 (日本アニメーション(株)取締役)

香山哲 ((株)セガ 特別顧問)

小野耕世 (マンガ評論家)

土佐尚子 (知能映像通信研究所、工学博士)

秋山孝 (多摩美術大学デザイン学科教授)

田中栄子 (プロデューサー、Studio 4 ℃主宰)

李元馥 (韓国漫画アニメーション学会会長)

呉偉明 (シンガポール国立大学日本研究学科副学科長 助教授)

佐竹茂市 (学校法人龍馬学園 理事長)

Richard Weinberg (南カリフォルニア大学教授)

久保雅一 (小学館 キャラクター企画室 室長)

佐藤泰 (朝日新聞 経済部 記者)

日下公人 (東京財団会長)

野崎裕司 (東京財団情報交流部部長)

 

フォーラム主旨

「東京財団国際フォーラム」は、日本文化の先端性、先進性、世界貢献の可能性を正当に評価するための論考の場です。日本文化を紹介するだけでなく、その文化の背景にあるもの、また日本文化が世界に貢献できる可能性を、今回は日本のポップカルチャー(漫画、アニメーション)に的を絞り研究、考察するものです。

マンガ、アニメ等のポップカルチャー産業は、裾野産業を加えると10兆円超の売り上げ規模となり、21世紀、日本の基幹産業の一つとなるでしょう。マネーゲームもITもこの分野に集中する事になり、同産業は正に「21世紀の主戦場」といえます。文化、教育、とりわけ未来予想での創造力育成に役立ち、国の将来を左右する影響を持つ事を考慮すると、ここでの勝者が世界のリーダー国となるものと思われます。更に日本の対外文化政策に有効に利用できる点も考慮するところです。

日本が高度情報化社会で競争的であるためには、マンガ、アニメ等のポップカルチャー産業の先進牲、知的媒体としての可能性を正当に評価するための環境整備と人材育成をしなければならないのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,980位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
1,245

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
14.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から