日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

東京財団1999年年次報告書(英文)

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


INTELLECTUAL CABINET

 

The Intellectual Cabinet is a policy group that discusses issues from an independent perspective. While encouraging sound, constructive debates on policy, the group aims to contribute to the creation of pluralistic policy-making processes in Japan by providing new policy proposals from fresh perspectives.

 

Intellectual Cabinet Members (as of April 2000)

Leader

Yutaka Kosai (Chairman, Japan Center for Economic Research)

Subleaders

Haruo Shimada (Professor of Economics, Keio University)

Heizo Takenaka* (President, The Tokyo Foundation; Professor, Faculty of Policy Management, Keio University)

Macroeconomics

Soichi Shinohara (Professor, Department of Economics, Doshisha University)

Kiyohiko Nishimura (Professor, Graduate School of Economics, University of Tokyo)

Akira Kojima (Director and Chief Editorial Page Editor, Nihon Keizai Shimbun)

Fiscal Policy

Masaaki Honma (Professor, Graduate School of Economics, Osaka University)

Kazuo Yoshida* (Professor, Graduate School of Economics, Kyoto University)

Finance

Kazuhito Ikeo (Professor, Department of Economics, Keio University)

Atsushi Yamada* (Journalist)

Industry and Management

Kiyonori Sakakibara (Visiting Professor, Keio University)

Ryuhei Wakasugi (Professor, Department of Economics, Yokohama National University)

Labor

Atsushi Seike (Professor, Faculty of Business and Commerce, Keio University)

Quality of Life/Urban Issues

Yasushi Asami (Associate Professor, Department of Urban Engineering, University of Tokyo)

Hiroko Ota (Associate Professor, National Graduate Institute for Policy Studies)

International Economics

Motoshige Ito* (Professor of Economics, University of Tokyo)

Shujiro Urata (Professor of Economics, School of Social Sciences, Waseda University)

Diplomacy/National Security

Shinichi Kitaoka* (Professor, Faculty of Law, University of Tokyo)

Akihiko Tanaka (Professor, Interfaculty Initiative in Information Studies, and Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, University of Tokyo)

Yoichi Funabashi (Chief Diplomatic Correspondent and Columnist, Asahi Shimbun)

Law

Jiro Tamura (Professor, Faculty of Law, Keio University)

*Core member

 

"POLICY VISION 21" SATELLITE BROADCASTS

 

The communications satellite (CS) broadcast of "Policy Vision 21" aims to stimulate sound policy debate by airing constructive policy proposals on television. Beginning October 1999 and centering on the activities of the Foundation, the broadcasts communicate analytical, frank and concrete discussion on policy issues. (Refer to the videotape list for information on the lineup; Heizo Takenaka is the host.)

 

Broadcast channels: Nikkei CNBC, SkyPerfecTV Ch. 251, DirecTV Ch. 504, Diet TV, SkyPerfecTV Ch. 379, DirecTV Ch. 507

 

016-1.gif

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,922位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
1,279

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
4.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
14.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から