日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


140-1.gif

 

140-2.gif

Figure 5.1 Principal particulars of the Kandalaksha and location of sensors and instruments on board

 

[4] A number of engineering issues in the NSR operation were clarified in the course of the voyage and discussions were held with the crew regarding their experience in NSR navigation.

[5] In addition to the measurement of salinity and temperature of the seawater, meteorological observations such as air temperature, air pressure and cloud formation were conducted to study the natural conditions along the route.

[6] The feasibility of the NSR as a commercial sea lane was discussed on the basis of the data obtained from this voyage and the available literature, as well as the opinions of crew members on board.

[7] The SOF mission party for the experimental voyage included a professional TV and video director and camera crew, who recorded the party's activities and produced documentary videos in English and Japanese.

To fulfill this multiple mission, the SOF selected an international team of eighteen members for the voyage, consisting of 15 Japanese, 2 Russians and 1 Canadian. All members were experts in their respective fields, such as naval architecture, navigation, instrumentation, oceanography, meteorology and hydrography. These experts collaborated closely with the crew to carry out all observation, measurement and analytical tasks on the mission program successfully. Firmly committed to the objective of opening the NSR to substantial traffic, Captain Sokolov and all 31 Russian crewmembers surmounted the formidable language barrier between the crew and the international experts to make an important contribution to the experimental voyage.

 

5.3 Test Results

In this experimental voyage, the Kandalaksha left the port of Yokohama on August 1, 1995 and reached the northern Norwegian port of Kirkenes on August 28, completing a successful voyage. The ice conditions were highly unusual in 1995.

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
975位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
10,924

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
3.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
4.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
5.米国造船業の集約化に関する調査
6.東南アジア造船関連レポート19
7.ポーランド造船業の現状と展望
8.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
9.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
10.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
11.豪州の海洋レジャー産業の現状
12.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
13.米国における海賊対策等に関する調査報告書
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から