日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


2. 測量マニュアル〈平板測量の方法〉

 

測量実習は、主に樹木の位置及び群落の位置・範囲を求める方法として平板測量を行います。平板測量とは、平板測器を用いて地形、建物などを測量する方法で直接現地で地形図を作成します。

■測量の原理及び器材

(1) 原理

・地上のA、B、Cを測量したい場合。図1-1の通り地上のA、B、Cを測点としたとき、A点に平板を据え付けます。(据え付けることを平板の標定という。)

・地上のA点に対応する平板上の点をa点とします。(このa点は、A点の鉛直線上にあります。)

・図上のa点を基準点としてB、Cの方向を視準(見透かすこと)して方向線を描きAB、ACの水平距離を測定します。

・この距離を縮尺(1/M)でB、C点を図上にプロットすると図上にb、c点が求まります。

・図1-1に示す通り図上のa、b、c点と地上のA、B、C点は、∠bac=∠BACとなり、図上の△abcは地上のA、B、Cの3点を平板上(基準面上)に投影(形を写すこと)したものと1:Mの比をもつ相似三角形になっています。

以上が地上の測点を図上に写し取る原理です。距離とは、水平距離のことで、図1-2の間違った測りかた(斜距離)をした場合は、正しい測りかた(水平距離)に換算しなければなりません。

現地での1mは、縮尺1/100では図面で1cm、縮尺1/200では図面で5mmとなります。

 

052-1.gif

(図1-1)平板測量の原理

 

052-2.gif

(図1-2)距離の正しい測り方

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
113位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
110,004

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から