日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


はじめに

 

私たちはコブシやマンサク、キブシの花からはじまる日本の春を、そしてレンゲやタンポポの咲き乱れる田や畑があるのを知っています。

カブトムシやクワガタがどんな木にやってくるかを教わり、流れる川は冷たくメダカやフナ、ドジョウなどたくさんの生き物がいることも経験しています。

 

そして今、私たちは世界の中で最も「豊かな国」に暮らしていると言われています。その豊かさの裏側で、森の静けさ、川のせせらぎ、たゆとう豊かな海を失って来ました。

子どもたちの賑やかな遊び声や、老人の語らう姿が町角から消え、やがて人々の暮らしの場であった街も消えていきました。

 

私たちはこの様な状況をふまえ、1983年から身近な生物・生態系の保全を前提とした「里山の保全と活用」を提唱し、その普及に取り組んできました。

都市周辺に残存する「里山」は、単に“みどり”としての景観機能だけでなく、災害から人々を守り、豊かな水を提供しています。また植物を育てる土をつくり、四季折々の美しい花を咲かせます。

そして、シカ、キツネ、タヌキ、リスなどの動物たちやオオムラサキ、カブトムシなど様々な生き物の生息場所ともなっています。

 

私たちは、祖先が大切に守り育てて来た薪炭林や、農用林などの里山を市民の手でリフレッシュし、各地の風土や伝統的技術を活かした美しい田園・里山景観の保全に取り組んでいます。

 

なお本冊子は、「里山の管理指導者の養成、並びに里山保全プロジェクトの育成」事業における活動マニュアルとして作成いたしました。

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
116位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
108,056

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から