日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

平成12年度夏季吟道大学受講資料

 事業名 吟剣詩舞の普及振興
 団体名 日本吟剣詩舞振興会 注目度注目度5


八、吟詠家の舞台動作

演出家 石川健次郎先生

 

<講師紹介> 昭和五年生まれ。日本大学芸術学部卒業。長く日本放送協会にあって、日本古典芸能のテレビ、ラジオ番組を担当、その間、吟詠番組を手がけ、NHKの中でも吟剣詩舞や日本舞踊など日本の伝統芸術に造詣の深いプロデューサーとして活躍する。昭和六十三年、同協会を定年退職、協会会友を委嘱されるとともに、母校の日本大学芸術学部演劇学科講師を勤める。また、財団の武道館大会など各種公演の演出指導を手がけるとともに、現在も財団機関誌月刊「吟剣詩舞」への執筆や、剣詩舞道大学の講師や剣詩舞コンクール審査員として協力される。財団の平成九年度(第十二回)吟剣詩舞大賞文化賞を受賞される。

 

1] 舞台動作の基本(よりよき芸術的向上のために)

a 企画構成の意図を理解し、舞台での約束ごとに従って、自分の能力が発揮できる方法を考える。

b 聴衆(観客)がよく理解でき、共感し、又は感動する雰囲気を作る。―演出に協力する―

2] 聞かせ方の演出(音楽性について)

a 表現技術の錬磨。―吟詠コンクール審査規定を参考にする―

b 選曲―表現の適正から演出の可能性へ―

c 伴奏―豊かな内容表現のために―

d マイクアレンジメント―マイクに強くなろう―

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,634位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
1,403

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.普及テレビ放送台本「吟詠 新春に詠う?新世紀の春を詠う?」
2.「全国吟詠コンクール決勝大会」プログラム
3.「全国剣詩舞コンクール決勝大会」プログラム
4.「全国少壮吟詠家審査コンクール決選大会」プログラム
5.平成12年度夏季吟道大学役員及び受講者名簿
6.平成12年度少壮吟士並びに同候補夏季吟詠特別研修会日程
7.平成12年度少壮吟士夏季吟詠特別研修会出席者名簿
8.平成12年度剣詩舞道大学大学院受講資料
9.平成12年度剣詩舞道大学大学院受講者名簿
10.レジャーチャンネル番組案内(平成12年4月?平成13年3月分)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から