日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

平成12年度夏季吟道大学受講資料

 事業名 吟剣詩舞の普及振興
 団体名 日本吟剣詩舞振興会 注目度注目度5


七、吟詠の発声法―その理論と実際―

作曲家 舩川利夫先生

 

<講師紹介> 昭和六年生まれ。鳥取県出身。米子工業専門学校卒業。箏曲家古川太郎並びに山田耕作門下の作曲家乗松明広両氏に師事、尺八演奏家を経て作曲活動に従事。現代邦楽作曲家連盟会員。若くして全日本音楽コンクール作曲部門部門賞などを受賞するとともに財団の平成四年度(第八回)吟剣詩舞大賞文化賞も受賞。数多い日本の作曲家の中でも邦楽、洋楽双方に造詣の深い異色の作曲家として知られる。おもな作品に「出雲路」「複協奏曲」その他がある。また、財団主催の各種大会の企画番組吟詠テレビ放送の編曲を担当するとともに、財団機関誌月刊「吟剣詩舞」の「吟詠上達のアドバイス」を執筆、夏季吟道大学や少壮吟士研修会などの講師としても活躍される。

 

<講義の内容>

A 詩吟と音楽

一、世界の音楽の中での日本音楽の立場

二、詩吟が音楽であることの自覚

三、日本語の特質と日本の旋律

四、日本語の発声

五、発声法の実際と歌声

B 音楽としての詩吟の演奏

C 日本音楽の中で主に用いる旋律と音階

次ぺージ音階表参照

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,634位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
1,403

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.普及テレビ放送台本「吟詠 新春に詠う?新世紀の春を詠う?」
2.「全国吟詠コンクール決勝大会」プログラム
3.「全国剣詩舞コンクール決勝大会」プログラム
4.「全国少壮吟詠家審査コンクール決選大会」プログラム
5.平成12年度夏季吟道大学役員及び受講者名簿
6.平成12年度少壮吟士並びに同候補夏季吟詠特別研修会日程
7.平成12年度少壮吟士夏季吟詠特別研修会出席者名簿
8.平成12年度剣詩舞道大学大学院受講資料
9.平成12年度剣詩舞道大学大学院受講者名簿
10.レジャーチャンネル番組案内(平成12年4月?平成13年3月分)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から