日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

平成12年度夏季吟道大学受講資料

 事業名 吟剣詩舞の普及振興
 団体名 日本吟剣詩舞振興会 注目度注目度5


一、吟剣詩舞の向上と指導者の役割

財団副会長 河田神泉

 

A. 財団法人日本吟剣詩舞振興会(以下財団と略称)の概要

1. 財団の性格―文部大臣認可の公の組織(文化庁文化普及課所管)。国の文化行政の一端をになう。全国吟剣詩舞道家の総本山。

2. 財団の設立―昭和43年10月21日。

3. 財団の予算と事業―基本財産(十億五千万円)、平成十二年度予算(三億九千三百四十四万円)

4. 財団設立以来の吟界の動向―吟界の組織化、吟詠人口の増加、吟詠の芸術的向上。

 

B. 財団の基本姿勢と実際活動

1. 公的な全国組織の結成と拡充

本部(会長・常任理事会・理事会・評議員会・事務局)、地区連絡協議会(財団直轄)、公認都道府県総連盟(自主運営)。

2. 吟詠・剣舞・詩舞人口の拡大

 

C. 吟剣詩舞振興のための実際活動

1. 吟剣詩舞道の芸の心を守る→吟剣詩舞道憲章の制定。

2. 芸の向上(邦楽・舞台等の理論と正確な詩文に基づく芸の向上)→吟詠芸術向上のための各種研究会、吟詠・剣詩舞コンクール審査規定の制定とこれに基づくコンクールの実施、吟剣詩舞道漢詩集の刊行他。

3. 芸能界における地位の向上→名流大会、全国大会、国民文化祭、TV企画他。

4. 指導者の品位・芸の向上→夏季吟道大学、その他の研修会。

5. 人材の発掘→全国少壮コンクール。

6. 相互研鑚による全体の向上→全国コンクール。

7. 芸術的に向上した吟剣詩舞道の対外PR→各種大会、NHKTV・ラジオ、自主番組TV放送他。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,632位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
1,403

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.普及テレビ放送台本「吟詠 新春に詠う?新世紀の春を詠う?」
2.「全国吟詠コンクール決勝大会」プログラム
3.「全国剣詩舞コンクール決勝大会」プログラム
4.「全国少壮吟詠家審査コンクール決選大会」プログラム
5.平成12年度夏季吟道大学役員及び受講者名簿
6.平成12年度少壮吟士並びに同候補夏季吟詠特別研修会日程
7.平成12年度少壮吟士夏季吟詠特別研修会出席者名簿
8.平成12年度剣詩舞道大学大学院受講資料
9.平成12年度剣詩舞道大学大学院受講者名簿
10.レジャーチャンネル番組案内(平成12年4月?平成13年3月分)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から