日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「洋上設置型海洋深層水取水装置による海洋深層水の調査研究」報告書

 事業名 洋上設置型海洋深層水取水装置による海洋深層水の調査研究
 団体名 沖縄県海洋深層水開発協同組合 注目度注目度4


揚水確認の際の取水管出口海水温度は、管内流速が遅く、長い1400m系の温度が600m系の温度より1.5℃高く交換熱量が大きくなっている。

 

5. 維持・管理

5.1 「海ヤカラ1号」の健全性の確認

平成12年9月4日に「海ヤカラ1号」を再設置した直後の9月8日には台風15号が沖縄に接近し、続いて9月14、15日には台風14号が沖縄を直撃した。この時の海上は、風速60m/sec、波高13mと予報されたので取水管システムの健全性にが懸念された。

暴風、高波浪に遭遇した場合にはブイ本体は没水して過大な動揺は回避できるものと考えられるが、水粒子の軌道運動によって取水管が煽られた場合には被害を受ける可能性がある。

「海ヤカラ1号(改造前)」の台風遭遇後の状況は、揚水流量の増加が顕著で取水管出口海水温度が表層水温度と大差がなくなっている状況から取水管損傷を予測した。その後取水管を回収して調査した結果損傷個所を確認した。

これまでの反省から「海ヤカラ1号(改造後)」では損傷の可能性を低減するための改良を施しているが、台風通過後には揚水試験を行って取水管システムの健全性を確認した。

平成12年9月19日、台風14号通過後はじめて設置海域において「海ヤカラ1号」の調査を行った。結果は以下の通りである。

 

(1) 作業ポイント、投錨点

作業ポイント 北緯25度48.830分 東経 127度44.710分

投錨点 北緯 25度48.229分 東経 127度44.002分

 

(2) 設置海域の気象・海象

風向 北東

風速 7→10m/s

波高 2→2.5m

潮流 南西へ1ノット

天候 うす曇

 

(3) ブイの状態

喫水 1.9m(乾舷0.5m)

傾斜 ほぼ直立

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
415位
(35,690成果物中)

成果物アクセス数
28,278

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年6月3日

関連する他の成果物

1.明るい社会づくりに尽くされた方々?平成12年度社会貢献者の事績?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から