日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


7・8 カーソルの使い方

正確な方位の測り方として次のことに注意すること。

レーダーでは、空中線の水平ビーム幅の分だけ、映像が横方向に拡大される性質がある。これは目標がビーム幅の中にある間は、反射波が受信されるためで、空中線が目標に正しく向く1/2ビーム幅の手前から反射波は受信され始め、これは目標から1/2ビーム幅それるまで続いているので、映像面では目標の両端がそれぞれ1/2ビーム幅ずつ拡大されることになる。

図7・3はこれらのようすを示したもので、方位の正確な測定には、次の注意が必要である。

1] 単一目標の方位を測る場合

カーソル線をその目標の映像中心に合わせて測る。

2] 目標の一端の方位を測る場合

例えば島等の一端を測る場合は、映像の端から1/2ビーム幅だけ内側にカーソル線を合わせる。図7・4の点線は誤りで、実線が正しい合わせ方である。

この方位拡大効果は受信機の感度をげると大きくなるので、カーソルの入れ具合も、それにより幾分加減が必要である。

 

145-1.gif

図7・3 水平ビーム幅による方位の拡大

 

145-2.gif

図7・4 カーソル線の正しい合わせ方

 

7・9 操作上の個人差

操作の方法は、取り扱う人によっても、また、操作の目的や海面の状況によっても異なってくる。例えば、昼間明るい所で調整する場合は、ビデオと距離目盛を上げておいて、掃引線がわずかに見える程度に輝度調整を行い、この状態で感度を上げるような調整を行うのが普通である。この方法は、弱い目標に対して最良のレスポンスが得られる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
367位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
31,668

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から