日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


171-1.gif

図8.10 FRP船の防食配線

 

(c) ステンレス鋼製プロペラ軸の腐食

ステンレス鋼製のプロペラ軸に局部的な腐食が生じることがある。ステンレス鋼の耐食性は、鋼材表面に形成される酸化被膜(不動態被膜)により維持されている。この被膜は、海水中の塩化イオンによって破壊されたり(孔食)、付着物や軸受け材とプロペラ軸の極くわずかな隙間に生ずる溶存酸素の濃度差による一種の酸素濃淡電池作用により局部的に破壊されたりすると、その部分が陽極となり、不動態被膜の陰極との間の電位差によって局部的な腐食が進行する。

防食対策としての留意点は、次のとおりである。

1] ステンレス鋼の表面に異物が付着しないように常に注意する。

2] ステンレス鋼の表面と他の物質との接触面に極めて薄い隙間を作らないようにする。

3] 亜鉛陽極やアルミニウム陽極で電気防食すること。

 

8.5.3 アルミ船の電気防食

アルミ船を防食する場合は、船体のアルミ合金よりも卑な亜鉛やアルミニウムを陽極とした流電陽極法が一般に採用されている。しかし、アルミニウム陽極を過剰に取付け過ぎると、船体電位(陰極電位)が卑になり過ぎ、船体の腐食量が増すため、アルミニウム陽極を過剰に取付けず、陽極電位の若干貴(プラス)な亜鉛陽極を適正な数量を取付ける必要がある。

なお、アルミ船の場合、外部電源防食法は、電極周囲の電位が局部的にかなり卑になるため、採用しないほうが良い。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
618位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
17,725

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
13.船舶電気装備資格者名簿
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
15.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から