日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


8. 防食工事

 

8.1 防食工事の目的

船舶に使用されている金属は、最も過酷な環境におかれている。大気中にある金属には海塩粒子が付着し、酸化物となって腐食が進行する。また、海水中のものは伝導性の良い電解液に接しているので、電気化学反応により、金属の陽極部は電子を失って海中に溶け出す。

また、鋼と銅合金あるいはアルミニウムなどの異なった金属が2種類以上接触して海水中に共存すると、異種金属間に電位差が生じ、局部電池が形成されてイオン化傾向の大きい方の金属が腐食する。

FRP船については、FRPが合成樹脂であるため、船体は防食対象とはならないが、プロペラやプロペラ軸などには腐食が生じる。

これらの腐食を防止するために防食対策を講ずる必要がある。

 

8.2 工事用材料部品の防食

(1) 耐食性金属以外の金属材料や部品は、防食めっきが施されたものを使用するか、あるいは塗装を施す。

(2) 軽合金に接する箇所に使用する鋼製のボルト及びナット類は、亜鉛めっきが施されたものであること。

 

8.3 接触部の防食

暴露部又は湿気の多い場所に取付けられる電気機器で、取付部分が異種金属と接触する場合(例えば、アルミと鉄、アルミと銅又は黄銅)は、接触部での電食を防止するために、めっき又は塗装により防食性を与えるか、適当な絶縁物を介して取付ける。)

 

8.4 防食塗装

(1) ケーブル布設後あるいは機器取付け後に防食塗装が困難な部分は、布設又は取付けに先立って塗装する。

(2) 塗装した部分や亜鉛などでめっきを施した部分が溶接や切断などによってはく離した箇所は、完全に補修塗装をする。

 

8.5 没水部の防食

船体の没水部の防食は、塗装とともに流電陽極法あるいは外部電源法などの電気防食法を併用する。電気防食については、特に船尾周辺はプロペラの裸銅合金と接しているので、異種金属接触による腐食を防ぐために留意して行う。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
618位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
17,725

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
13.船舶電気装備資格者名簿
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
15.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から