日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


6. 機器装備

 

6.1 一般的注意事項

電気機器を装備する場合、その機能が最大限に発揮され、かつ、なるべく使い易い場所を選んで装備することが必要である。

配電盤、集合始動器盤、制御盤、変圧器など床置の大形機器や主要機器については工作図に据付場所が明示されており、その取付台も他部門の所掌としてすでに装備されているものもある。

しかし、電気艤装工事者としては、装備上において不具合が発見された場合は、直ちに設計部門にフィードバックして早急に処置するか、又は現場関係部門と協議の上処理しなければならない。

次に機器の装備に当っての一般的注意事項を示す。

1] 操作が容易であり、かつ、誤操作のおそれのないように装備する。(取付位置及び機器の名称などに注意)

2] 点検修理の時、カバー又は、扉の開閉、着脱が容易にできること。(軸流送風機などの取付に注意)

3] 分解及び取替えが容易にできること。

4] 機器開閉扉のヒンジ位置が、適切であること。特に、暴露部の防波箱などは、船首側ヒンジとするのが望ましい。

5] 雨水や海水の滴下による被害、及び、蒸気、油、水などの管継手部や弁類などからの噴出による被害を受けない位置とする。

6] 機器の取付台は、振動、衝撃に対し十分な補強を施すこと。

7] 主機回り、船首部、舵取機室など振動の激しい所に装備する場合は、防振工事を施すこと。

8] 取付ボルト、ナット類は、ナット締付け後、ナット表面からボルト先端までが1.5山以上出るようにすること。

9] 高温、高湿にさらされることのない場所を選定すること。

10] 人がつまづくなど通行の妨げになるような機器配置をしてはならない。やむを得ず配置するときは、棚(さく)や注意表示などを設けること。

11] 裏側が燃料タンクなど危険な場所には取付けないこと。また、他の装置、配管、ケーブルなどに損傷を与えない場所であることを確認すること。

なお、本要領図(各機器取付図)に記載してある取付寸法は、あくまでも参考寸法である。場合により船主、船級による相違もあるので注意のこと。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
620位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
17,776

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
13.船舶電気装備資格者名簿
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
15.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から