日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


100-1.gif

図5.25 心線さばき要領

 

(1) 心線長の余裕

心線に引張り荷重がかからないように、また、多心線の場合は予備心線も含めて最遠距離の端子に接続できるように、長さに余裕を持たせておくこと。

(2) 心線の整理、固縛

心線は接続順序に整理し、集合部分を絶縁物のバンド、ひも等でまとめて固縛しておき、結線端を接続順序に従って引き出す。ケーブル導入口から接続端子までの距離が大きい場合は、ランナバーなどに固縛するか、あるいはダクトに入れるなどの措置を取る。

また、心線被覆が機器や構造物で損傷しないようにする。

 

5.2.3 端子盤への接続

端子盤への接続については、次の事項に注意する。

(1) 端子の締付けは、表5.2に示すように締付けに適合した寸法の工具を使用し、締付け不十分で接触不良を生じたり、過度に締付けてねじ頭の溝を欠くことがないようにする。

(2) 端子の緩み止めとして付属しているばね座金、舌付座金、ダブルナット又は緩み止め効果を有する特殊ナットは、その性能を損なわないよう正しく使用すること。

小形端子の場合は緩み止めとして、ねじ部に白ペイント等を塗布してもよい。

(3) 照明及び通信回路に多くのJIS端子及び端子盤(台)が用いられるが、これは小ねじの先端で細い導体を直接に締付けるので、図5.26に示すように、小ねじの先端の形状に注意し、平らか丸味のあるものを使用する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
618位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
17,725

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
13.船舶電気装備資格者名簿
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
15.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から