日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


1.4 電気艤装工事の計画と管理

1.4.1 艤装工事方法

(1) 艤装工事の種類

艤装のステージには、大別すると、船殻ブロックが搭載される前に艤装工事の一部を先行させて行う地上艤装と、ブロック搭載後に行う船内艤装とがある。艤装工事を、その施工場所により分類すると、次のようになる。

(1) 内業艤装

(2) 地上艤装(内業儀装も含めて呼ぶ場合もある)

(3) 船内艤装

船内よりは地上、地上よりは内業における艤装が作業性も環境も良いので、品質・能率・安全などの見地から、極力作業を内業又は地上艤装のステージで消化するよう計画すべきである。ただし、早いステージで取付けるとそれだけ工事中の破損、絶縁低下、発錆などの機会も多くなるので、個々の艤装品ごとにどのステージで取付けるのが最善か検討する必要がある。

(2) 先行艤装

先行艤装は、船内艤装より前のステージで行われる艤装をいう。電装工事との関連を次に述べる。

(a) ブロック艤装

ブロック艤装とは、船殻のブロック建造方式に対応して、船殻ブロックが地上で加工・組立される段階で艤装品を取付けてしまうものである。この方式は、従来は、電装工事での電路金物などの取付け及び電灯用支回路取付け位までが主であったが、最近の傾向としては、大ブロック化(上部ブロックや機関部ブロック等)が進み、地上で、ほとんどの電気艤装工事が可能となってきている。

(b) ユニット艤装

ユニット艤装とは、機器や艤装品を単品で船に取付けずに、あらかじめ複数個の機器や艤装品を組立てておいて一括搭載することである。ある特定の補機を中心として電動機、始動器、スイッチ類や配線の一部などを一体化するなどがその一例である。

更に、大組ユニットと称して複数の補機や敷板、配管などまで一体化することもある。ユニットが大きくなるほど、工数、工期、品質、安全など管理面で効果が大きくなるが、反面、ユニット化用の構造材の重量増加や運搬搭載面での制約などが生ずる。このため、設備に見合った計画が必要であり、またユニットの標準化などにより効率化を図ることが望ましい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
618位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
17,725

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
13.船舶電気装備資格者名簿
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
15.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から