日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

第24回アジア太平洋造船専門家会議報告書

 事業名 造船専門家会議の開催
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


第2表 2000-2010年におけるベトナム商船隊増強の方向

144-1.gif

 

1.2.2 港湾システムの開発

ベトナムの港湾システムは以下の三つの主要港グループに分けて考えることができる。

-北部港湾グループ:(クアンニンからニンビンまで)15港。年間貨物取扱量は2000年以降1,000-2,500万トン、2010年以降4,400-5,000万トン。

-中部港湾グループ:(タンホアからビントゥアンまで)24港。年間貨物取扱量は2000年以降1,500-1,700万トン、2010年以降5,000-6,500万トン。

-南部港湾グループ:24港。年間貨物取扱量は2000年以降3,000-3,500万トン、2010年以降5,000-6,500万トン。

さらに、需要に対応して原油専用港や漁港にも投資が必要とされる。地方港湾は大港湾グループの荷動き需要に対応して、適宜投資が行われる。関連する修繕船需要は2000年以降年間125-142隻分が見込まれる。

2010年以降の修繕船需要は年間269-355隻に増大する見込み(主として大型船)。

 

2. 今後のヴィナシンの発展の方向

 

2.1 生産能力の増強

売上げ

2000年までに4兆ベトナム・ドル(VND)

2010年までに10兆VND.

 

2.2 技術とマーケティング

2000-2005年までは、主として国内市場の船腹需要に対応する。ヴィナシン傘下の選ばれた造船所において、国際基準に対応し得るように生産技術と経営システムを段階的に改善する(CAD/CAMシステム、ISO9001、9002)。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,262位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
4,014

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.全日本K400選手権大会2000プログラム・写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から