日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


私にとって人生で最初で最後の人体解剖学実習は、様々なことを学ばせてくれた。それまで私の解剖学の知識は教科書の中だけにとどまっていたわけだが、それらが現実に目の前にあることに私は素直に感動する事ができたし、解剖学の奥の深さを少し知った気がした。

また、他にも人間の命と死という事についても教えられた。人の命が何物にも代え難い程大切なものであるという事は、当たり前の事として、私もわかっているつもりでいた。しかし、何不自由することなく温室の中で育った私は、むろん命の危険を感じることなど皆無で、人の命の尊厳ということに対する認識が希薄であったように思う。そんな私の姿勢を改めて正してくれたのは、他でもなくこの解剖学実習という貴重な経験だった。

また、私はこの実習で、死というものについてより深く考える機会を得た。私が今まで人間の(特に身内の)死に対面して感じてきた、悲哀とか悲傷とかいう感情を超越して、死をもっと客観的にとらえようという努力をした。そのことによって、死がいかに壮絶なものであるか、また、それに立ち向かって行く人の助けとなるべく、将来医療に携わる事になる者の一人として、私には重大な責任がある事を知った。そして、私がこの将来に向けて、今現在進みつつあることを感謝し、また誇りに思えた。これから私はこの思いを大切に日一日を努力したいと思う。

最後に、私が解剖学実習を終了するにあたり、ご献体された杉山さんとその家族、解剖学教室の諸先生方、私の実習班のメンバー、そして私をこの世界に送りこんでくれた両親に心から感謝したいと思う。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
250,669

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から