日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


冷たく、無機的で、時の流れまでも止めてしまいそうなご遺体を見つめているうちに、逆に、"生きている"人間のエネルギーの大きさを感じないわけにはいられませんでした。もし、実習に参加できなかったとしたら、あるいは医学部に籍を置いていなかったとしたら、私は一生、様々な"尊い"生命のエネルギーの中の自分というものを、これ程強く意識することはなかった筈です。現代社会が持つ素晴らしい科学技術・芸術・文化なども、一つ一つのエネルギーの集大成であることを考えれば、私が目指している先(医師という職業)が更にその輝きを増したように思えてきます。もうひとつ感じたことは、私たち医学生をはじめ、医療全体に対する期待の大きさです。「自分の遺体を使って欲しい」「身内の者の遺体が役に立つのであれば」というご意思にはただ頭が下がる思いで一杯です。「死んだ後にまで痛い思いはさせたくない」という考え方が一般的でしょう。しかし、敢えて献体のご意志を示して下さったご本人やご家族の心の内を察すれば、それはきっと百万回の感謝の言葉ではなく、私たち医学生が一日も早く一人前になって、一人でも多くの患者さんの苦しみを取り除いてあげることに尽きると思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
243,681

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から