日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

「第16回全日本世代交流ゲートボール大会」プログラム

 事業名 ゲートボールの普及振興
 団体名 日本ゲートボール連合  


開催実施要項

 

名称 内閣総理大臣杯第16回全日本世代交流ゲートボール大会

 

主催 財団法人日本ゲートボール連合

 

後援

総務庁・文部省・厚生省・東京都・江東区・江東区教育委員会

(財)日本体育協会・(財)日本レクリエーション協会・日本財団

(社)日本青年会議所・(財)東京都体育協会

(社)東京都レクリエーション協会・江東区体育協会

(財)江東区健康スポーツ公社・NHK

 

主管 東京ゲートボール連合

 

協力 砂村囃子睦会・明治学院大学愛好会吹奏楽部

日本ボーイスカウト東京連盟

 

期日 平成11年8月21日(土)・22日(日)

 

開催地 東京都江東区

 

会場 江東区夢の島競技場

 

参加資格 (財)日本ゲートボール連合加盟団体が認めたチームで、原則として本連合の共済見舞金制度に加入していること。

 

参加規定

チームは指定の申込書により申請し登録すること。

監督並びに競技者は、複数のチームに登録してはならない。

 

参加料 1チーム 5,000円

 

参加チーム 96チーム

各加盟団体2チーム(主管団体は除く)

 

チーム構成

チームは監督1名と競技者5名以上8名以内で構成する。

監督は専任とし、競技者のうち1名を主将とする。

 

チーム編成

ジュニア・ミドル・シニアの各クラス1名以上でチームを編成し、性別は制限しない。

・ジュニア(15歳未満)

・ミドル(15歳以上60歳未満)

・シニア(60歳以上)

※競技には、各クラス1名以上が常時出場していること。

※監督の年齢・性別は制限しない。

※年齢は、平成11年4月1日現在とする。

 

競技規定 競技並びに審判は、(財)日本ゲートボール連合公式ゲートボール競技規則による。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,257位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
1,011

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.「笹川良一杯第14回全国選抜ゲートボール大会」ポスター
2.「笹川良一杯第14回全国選抜ゲートボール大会」プログラム
3.「笹川良一杯第14回全国選抜ゲートボール大会」実施報告書
4.「第4回全国ジュニアゲートボール大会」ポスター
5.「第4回全国ジュニアゲートボール大会」プログラム
6.「第4回全国ジュニアゲートボール大会」実施報告書
7.「第16回全日本世代交流ゲートボール大会」ポスター
8.「第16回全日本世代交流ゲートボール大会」実施報告書
9.「第1回全国社会人ゲートボール大会」ポスター
10.「第1回全国社会人ゲートボール大会」プログラム
11.「第1回全国社会人ゲートボール大会」実施報告書
12.屋根付き多目的運動広場イメージイラスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から