日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「リアルタイム空地データリンクの研究」報告書

 事業名 航空保安技術に関する開発調査
 団体名 航空振興財団 注目度注目度5


表5.2.1-2 LBACの位置

084-1.gif

 

5.2.2 最短応答時間の検証

 

一連のデータ送受信のなかで、最もリアルタイム性を必要とする項目はV/DバーストACK処理であると考えられる。(4.1.2(2)項参照)このACK処理を完了するまでに、物理層で行うそれぞれの処理時間について詳細に検証することにした。

(1) SARPsの規定

SARPs 3.5.4.4.2.1に、機上局の送達確認プロトコルが記載されている。これによると、データ受信がローカルDLSサブレイヤからACKフレームを受信次第、図5.2.2-1に示すように、送達確認されるメッセージの最後のバーストを受信した後の1MACサイクル内に、その同じスロットに対応するMバースト・ダウンリンク・サブチャネルで送達確認メッセージを送信するものとする。このダウンリンクACKフレームは、V/D(データ)バーストで送信してはならない。その同じスロットに対応する送達確認メッセージを送信するものとする。

(2) 評価条件

システム構成を2V2Dとし、地上局よりDスロットで、V/Dバーストを送信し、EOMの受信に対して、機上局が同じ、DスロットのMバーストを送信するまでの処理遅延時間を計測する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,142位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
4,249

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「GPS補強システム用機上受信機の開発」報告書
2.「小型機運航に対する地上支援システムのあり方調査・研究(その3)」報告書
3.「地上疑似衛星を用いた精密進入援助システムの開発」報告書
4.教養誌「ほのお ’00/4月号」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から