日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進的な環境対策活動モデル事業報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


2) バンキングソフト

【概要】

メールソフトからe請求書を開く作業(ダブルクリックやバンキングソフトのアイコンにドラッグ・アンド・ドロップ)により、バンキングソフトが自動的に立ち上がり、請求された運賃を振り込むシステムである。

発注企業は、受注企業から請求された情報(取引内容、請求金額、振込先口座、等)がバンキングソフトの振込画面に表示されるので、内容を確認した上で、「振込」ボタンを押すことで、ANSER-SPC経由して振込が完了する。

【使用アプリケーション】

(株)テクニカルソフトが制作・販売しているバンキングマムの新バージョンの導入を想定。

バンキングマムの新バージョンには、XMLファイルを取り込む機能が実現されている。バンキングマムに取り込めるXML仕様でe請求書を構築することで、クライアント側では、e請求書を取り込むための特別なシステム構築やカスタマイズは発生しない。

 

4. 開発コスト・運用コスト

 

フラミンゴの決済システムの構築にかかる開発コストと運用コストについて提示する。

(1) サーバ側

サーバ側システムとしての開発コストは、プログラミング言語を用いてシステムを構築する、「1)e請求書作成フォーム」と「2)XML変換システム」の構築には、それぞれ1人月の費用が発生する。また、「3)メール送信システム」と「4)認証システム」は基本的にサーバ機能・提供サービスを利用するためソフトウエア費は0円だが、サーバ側システムの一連の構築にあたり、それぞれ10人日の費用が発生する。また、サーバによっては、機能・サービスの設定費用がかかることもある。

運用コストは、「1)e請求書作成フォーム」ではセキュリティ対策のための事務局側での作業、「4)認証システム」でも会員増減対応による事務局側での作業が発生する。また、「3)メール送信システム」や「4)認証システム」において、サーバの機能・サービス等を利用する場合は、その月額使用料が発生する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,449位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
7,514

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
6.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から