日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「高齢者のためのボランティア普及啓発活動」の報告書

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 情報誌「さぁ、言おう」の発行
 [1] 発行内容  情報誌「さぁ、言おう」
         付録 「ニュース&にゅーす」
 [2] 発行月日  情報誌「さぁ、言おう」
          平成10年4月10日より
          毎月10日、年12回発行
         付録「ニュース&にゅーす」
          平成10年 4月10日発行
          平成10年 8月10日発行
          平成10年10月10日発行
          平成11年 1月10日発行
 [3] 発行部数  情報誌「さぁ、言おう」
          平成10年4月〜平成11年3月号 各12,000部
         付録「ニュース&にゅーす」
          平成10年4月号、8月号、10月号
          平成11年1月号 各9,000部

■事業の成果

本事業は、高齢になってもすべての人が心豊かに暮らせる「温かいふれあい社会づくり」を誌面から積極的に働きかけていくものである。

 2000年4月から公的介護保健制度が施行されることにより、日本の高齢福祉は身体介護の面で大きく前進することが期待されるが、一方で、個々の点についてはまだまだ改善すべき点が多い。さらにまた、同制度では日常の生活支援やこころの交流など精神的な支援は対象外であることから、人が人として生きていくために本来不可欠なこうした分野を、NPOやボランティアが積極的に担っていくことが求められている。

 情報誌『さあ、言おう』を通じて、こうした時勢の求めるところを常に先取りしながら、具体的には、ふれあいボランティア活動への参加呼びかけや団体の設立促進、企業・学校などへの組織的な社会参加システムづくりの実践的提言、さらには地方自治体や官庁など国の諸機関への働きかけなどを通じて、心豊かな高齢社会づくりへの啓発普及を広く全国に行っていくことを目的として本事業を実施した。

 企画ページにも、意欲的に心豊かな高齢社会づくりに向けた啓発・普及記事を盛り込み、読者と一体となった誌面づくりを推進することによって、各地で、本情報誌『さぁ、言おう」をもとに諸問題を話し合う勉強会も開催されていくなど、本事業を通じて、意識啓発から実践活動への働きかけまで、さまざま効果を得ることができた。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10,484位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
154

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」98年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」98年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」98年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」98年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」98年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」98年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」98年10月号
8.情報誌「さぁ、言おう」98年11月号
9.情報誌「さぁ、言おう」98年12月号
10.情報誌「さぁ、言おう」99年1月号
11.情報誌「さぁ、言おう」99年2月号
12.情報誌「さぁ、言おう」99年3月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」98年4月号
14.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」98年8月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」98年10月号
16.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」99年1月号
17.「旧樺太の資料収集」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から