日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教養誌「ほのお ’98/11号」

 事業名 消防資料の発行
 団体名 全国消防協会 注目度注目度5


Hello Firefighter

 

022-1.gif

女優 鮎 ゆうきさん

 

"複雑な女性を演じています"

「不倫、妊娠、出産。とても複雑な女性を演じています」。フジテレビ系昼の連続ドラマ「いのちの器」(月〜金曜後一:三〇)に出演の鮎ゆうきさんが、ちょっと複雑な表情。「いのちの器」は、前向きに生きる産婦人科女医響子(渡辺梓)を主人公に、人生の縮図のような産婦人科医院を舞台に繰り広げられる人間模様を描いている。

鮎さんは大手建設会社の専務秘書汐崎真奈美役。この会社に勤めていた響子の夫、晃(岡野進一郎)と深い関係となる。そして、真奈美は彼の子を身ごもる。これからが大変だった。

真奈美が胎盤異常を起こし、響子の病院に救急車でかつぎ込まれたのだ。早く処置しなければ母子共に危険な状態。響子は夫の不倫相手に数時間の手術を行い、小さな命を救った。

「真奈美は複雑な女です。専務秘書。シャープで出来る女。独りを楽しむ強さも持っている。でも固くガードした中身は実にウエット。そんな女が未婚の母になる。身体の変化と共に、心もどんどん複雑になります。なんだか私自身、このごろ大変複雑な女になってきました。」

このところ、命の重さが希薄に感じられる事件が続発している。そこで、人を愛する心をもっと大切にしようというドラマがテレビに相次いで登場し、命の尊さを訴えている。妊娠、出産に焦点を当てた「いのちの器」もそのひとつ。妊娠、出産は女性にとっても家族にとっても大きなドラマ。

こうした命を救うドラマで大きな力を発揮するのが救急車。ここぞという場合に登場し、救急隊員たちがキビキビした動きを見せる。「いのちの器」でも救急車のサイレンが緊迫感を盛り上げる。

鮎さんは昭和六〇年、宝塚歌劇団に入り、娘役のトップスターとして活躍した。平成三年、宝塚退団後は、「新幹線物語'93夏」(TBS)などテレビドラマに出演。宝塚のはなやかな娘役が、今回の「いのちの器」では、執着と嫉妬心に燃える激しい女に大変身。

(インタビュー編集部)

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,598位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
3,220

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.教養誌「ほのお ’98/5号」
2.教養誌「ほのお ’98/6号」
3.教養誌「ほのお ’98/4号」
4.教養誌「ほのお ’98/12号」
5.教養誌「ほのお ’98/7号」
6.教養誌「ほのお ’98/8号」
7.教養誌「ほのお ’98/9号」
8.教養誌「ほのお ’98/10号」
9.教養誌「ほのお ’99/1号」
10.教養誌「ほのお ’99/2号」
11.教養誌「ほのお ’99/3号」
12.「消防資料の発行」の報告書
13.日本防火通信 222号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から