日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教養誌「ほのお ’98/9号」

 事業名 消防資料の発行
 団体名 全国消防協会 注目度注目度5


Hello Firefighter

 

022-1.gif

タレント 中田 喜子さん

 

"ひとつのきっかけ"

「いろいろ辛いことがあって、この先きどうなるのかと思い悩んでいました。結局は別れてしまいました」。中田喜子さんが気になる発言。別れたというのは離婚である。「お姑さんが亡くなったのがひとつのきっかけ。すっぱりと離婚しました」。

TBSテレビ系「渡る世間は鬼ばかり」の新シリーズが一〇月一日からスタート。このドラマで中田さんは、岡倉家の三女文子を演じている。バリバリのキャリアウーマンを辞めて、脱サラした夫の亨(三田村邦彦)と自然食品の店を経営。仕事は順調だが悩みのタネは夫の浮気。夫の母親年子(河内桃子)はボケが進行しているというのがこれまでのストーリー。"渡る世間は鬼ばかり"は、平成四年、第一シリーズが始まった。岡倉家の五人の娘たち(長山監子、泉ピン子、中田喜子、野村真美、藤田朋子)の暮らしぶりを追いながら、それぞれの世代が抱えている問題や悩みを描き、何が本当の幸せかを問いかけてきた。今回は第四シリーズ。

「前シリーズでは、ボケが進むお姑さん相手にとても大変でした。ドラマを見て下さる方たちから"私にも経験がある""頑張って下さい"などというハガキが寄せられ、反響の大きさにびっくりしました」。姑は、わけが分からぬまま台所に立った。そして天ぷら油の火の消し忘れから火事を起こした。幸いボヤですんだが、周囲の人たちにはショックだった。

「ボケについては、いろいろな人から話を聞きました。知らない間に火を扱うこともよくあるそうですね。最も気をつけなくてはならないことです。このドラマに出て、老人問題についてずい分勉強しました」。

その姑が亡くなり、夫とは離婚した。文子は自然食品の店を女手ひとつで切り盛りする。

「夫の仕事仲間だった男性の出現、復縁を迫る夫など新たな展開があります。でもこれまでと違って明るい生活ができそうです」。そうは言っても突然、"鬼"が現われることは十分予想され、安心してはいられない。

(インタビュー・編集部)

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,336位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
2,171

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.教養誌「ほのお ’98/5号」
2.教養誌「ほのお ’98/6号」
3.教養誌「ほのお ’98/4号」
4.教養誌「ほのお ’98/12号」
5.教養誌「ほのお ’98/7号」
6.教養誌「ほのお ’98/8号」
7.教養誌「ほのお ’98/10号」
8.教養誌「ほのお ’98/11号」
9.教養誌「ほのお ’99/1号」
10.教養誌「ほのお ’99/2号」
11.教養誌「ほのお ’99/3号」
12.「消防資料の発行」の報告書
13.日本防火通信 222号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から