日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)」テキスト

 事業名 保育事業の振興並びに従事者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


開会式

 

主催者挨拶

日本保育協会

日本保育園保健協議会

 

講演 I

 

座長 菅原重道

(日本保育園保健協議会副会長)

演題 子どもにとって歌うこととは

講師 眞理ヨシコ(東洋英和女学院大学教授)

 

「手供が歌う・子供が歌わない」

この二つの文の違いは、肯定的と否定の違いだけではありません。人の生長から一生を決めるような根本的な違いがあると思います。人間は、息をし始めたときから、体全体でリズムを生きて来ました。そして嬉しい時には高い音を、悲しい時には泣くという赤ちゃんの歌を叫びます。もっと感情が複雑になれば、祈り、伝達、人心の統一、愛の告白・・・・・と、人の気持ちは歌となります。

歌は、その時代、その時々に役割を担わされ、それに応えてきました。誰もが歌の確かな力を経験し、信じて、歌があまりにも近い存在であるため、あまり大事にしない友達のようにしている人も少なくありません。

そのような歌ですのに、いま大学の学生たちに、幼いころ、母親が歌ってくれた子守歌を覚えていますか?と質問しましたら、覚えていない、更に、歌ってもらった記憶がないと半数以上が答えているのです。私は自分が歌とともに生きて来たという事情もありますが、びっくりし、そして悲しくなりました。ラジオ、テレビ、ディスク・・・人々は歌にとりかこまれているのに、スキンシップと同じような母親の歌を忘れているのでしょうか。

赤ちゃんが必要とする母親とのスキンシップの中で歌われたはずの子守歌を忘れようとしているのでしょうか。

「子守歌」こそ、初めての音楽とのふれあい、つまりスキンシップの場。人間は、生理的早産と言われる程、未熟のまま生まれて来ます。だからこそ、(知能はゼロ、性格は白紙)の真っ白な、真新しい脳に、人間として生きるための「力」を、一つ一つ織り込む大切な幼児期に、終生の友としての歌を受け入れる回線を張り巡らさねばなりません。

歌はまたコトバ、詩という一面もあります。豊かな言葉を口にすることは、新しい何かを創り出し、それを自分のものとして言葉や、動作で表現したいと思うことです。

歌で表現するという意志を持つことは、他人のよい歌を素直に感心し、他人の心-意志をも理解することなのです。つまり、情趣をわきまえ、人としてのありようを学ぶことと考えます。

真似ることから始まるこの時期、先生の歌う声は、喜びを引き出します。上手でなくてもいい、心に届くいい歌を、先生、歌ってください。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,267位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,135

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.「保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)」テキスト
2.「保育所保育・保健研修セミナー」アンケート結果
3.「保育所保育・保健研修セミナー」研修内容及び年度別参加者数の推移
4.「保育所保育・保健研修セミナー」写真
5.保育所外国人保育セミナー(中央開催分)実施要綱 テキスト
6.保育所外国人保育セミナー(埼玉開催分)実施要綱 テキスト
7.保育所外国人保育セミナー(京都開催分)実施要綱 テキスト
8.保育所外国人保育セミナー(大阪開催分)実施要綱 テキスト
9.保育所外国人保育セミナー(佐賀開催分)実施要綱 テキスト
10.保育所外国人保育セミナーアンケート報告書
11.保育所外国人保育実践セミナー年度別実施内容及び参加者数の推移
12.保育所外国人保育実践セミナー開催写真
13.子どもの感性を育てる表現研修会(山形開催分)テキスト
14.子どもの感性を育てる表現研修会(富山開催分)テキスト
15.子どもの感性を育てる表現研修会(島根開催分)テキスト
16.子どもの感性を育てる表現研修会(沖縄開催分)テキスト
17.子どもの感性を育てる表現研修会実施報告書
18.子どもの感性を育てる表現研修会開催写真
19.子育て相談の手引き
20.「保育事業の振興並びに従事者の資質向上」の報告書
21.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から