日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


これを自動的に行うのがTR管とATR管であり、ともに導波管の一部に挿入して使用する一種の放電管である。これらの放電管は送信の出力により放電を開始し、送信が終わると直ちに放電が停止するように作られている。図7・24にTR管を、図7・25にATR管を、また図7・26には両切替え管の導波管への取付けを示してある。TR管は図7・24のような構造で、上半部は共振空洞と放電電極とから構成され、両側に導波管と結合のためのガラス窓がある。この上半部を図7・26のように導波管の一部に挿入しておくと、放電が生じない状態では、マイクロ波はこの回路を通して受信機へ接続されている。

 

184-1.gif

図7・26 TR管及びATR管接続図

 

送信が始まると放電電極は放電をして、管の中は短絡状態になって、マイクロ波はこの部分を通り抜けられなくなる。この場合、送信と同時に放電が生じるよう下側のキープアライブ電極でイオンを作り、あらかじめ陽イオンを供給するようになっている。放電管の中には水素ガスと水蒸気又はアルゴンガスと水蒸気が封入されていて、このうちの水蒸気はイオンをできるだけ早くなくするための役を果たしている。また、このTR管はT分岐から1/4波長のところに取り付けられていて、この放電で回路が短絡されると、分岐から見たインピーダンスは無限大になり、送信電力はこの分岐で減衰することなく空中線に導かれる。

これに対してATR管は図7・26に示すように分岐から1/2波長のところの管壁に直列に取り付けられていて、放電が生じない状態では導波管がここで切れているのと同じになり、分岐から見たインピーダンスは無限大となって受信信号が送信機側に行くことが阻止されている。送信によって放電が生じると、この結合口が短絡されたのと同じ効果になって、送信信号は損失なくこの部分を通過する。このほかに送受切替え作用を行うものとして、サーキュレータ型デュープレクサーやダイオードリミッタが多く使用されるようになってきている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
105位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
134,586

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から