日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第1章 緒論

 

1・1 レーダーとは

レーダーとは山彦の原理と同じである。山彦は音声が付近の山から反射して戻ってくるのであるが、電波を送信したとき、その付近にある物体に当たって反射してきた電波を受信するというのがレーダーの動作である。そのような動作が可能になるには、反射をする物体に対して電波の波長が同じ程度かあるいはそれより短いこと、そして、反射信号は極めて弱くなるので、大電力の送信が必要であるといった技術的な制約がある。

このような技術は第二次世界大戦前に来襲してくる航空機を発見する目的で開発され、戦時中に軍事用としていろいろな分野に使用されるようになり、戦後は一転して平和的な目的にも使用されるようになった。今日、レーダーが民間用に使用されている分野を見てみると、陸上に設置して、海上を航行する船舶の動向や上空を飛行する航空機を監視する交通管制用のレーダー、雨や雷雲を探知するための気象用レーダー、ロケットや人工衛星を追跡する宇宙開発用レーダー、航空機に搭載して気象や地形を求めるための気象レーダーや電波高度計、さらには自動車の衝突を探知してそれを防いだり、車内のエアバッグを膨らませて人命を助けるレーダーあるいは、自動車等の高速で移動する物体の速度を瞬間的に計測するためのレーダー等も開発されている。

船舶用のレーダーは、わが国では昭和25年8月から導入が許可され、最近では、数トンの小型船にまで装備されるようになってきた。したがって、船舶用のレーダーは、いろいろな種類のレーダーのうちで最も数の多いものとなっている。この船舶用のレーダーは3〜4秒に一回転をする空中線から垂直方向には広く、水平方向には狭い電波ビームを極めて短時間〔1マイクロ秒(μs)すなわち百万分の一秒程度で、このような短時間の信号波形をパルス(Pulse )という〕ずつ、毎秒約 1,000回繰り返し送信をする。その電波の波長は3cm〜10cmであっていわゆるマイクロ波である。

この電波は直進して、その方向に船や陸地、あるいは雨域や波浪のようにレーダーの空中線に対向している部分があると反射されて戻ってくる。電波の波長はその信号のパルス幅を仮に1μsとすれば 300m,0.1μsとすれば30mの長さをもった形となって進んで行くので、反射をする二つの物体がそのパルス幅に相当する距離の半分以上離れていれば、別々に分かれた反射波として識別することができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
105位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
134,245

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から