日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級用)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


7 船殻工事と電気艤装工事との関連

7・1 一般

船舶を完成するためには,主体となるものは船殻の工事で,その進捗状態に関係する。従って,これを中心として工事は進行する。この関係を図示すれば図68のとおりである。

従って,電気艤装工事は次に述べる船体,機関等の艤装工事と合わせて行うべきである。

 

087-1.gif

 

7・2 艤装方法

近年船舶の建造工期の短縮に伴い,従来のシリーズ艤装に代って,船体を区分し,その区分毎に,陸上又は船台においてそれぞれを併行に艤装を完成した後,船体を継ぎ合わせるという画期的な方法がとられるようになった。

7・3 用語の説明

建造及び艤装関係の用語の意味は次のとおりである。

7・3・1 電装工事

電装工事とは電気艤装工事の略称である。艤装工事とは船舶として,必要な推進,航海,居住,荷役などの諸設備を設けるための工事をいい,そのうち電気部門に関係するすべての電気工事を電気艤装工事という。

7・3・2 機関艤装

主機,ボイラ補機その他の機器等を船舶として機能を発揮するプラントにまとめるための,据付け,配管,床板,風路,保温等の工事で,据付け艤装,管艤装,鉄艤装等に分れる。

7・3・3 シリーズ艤装

(図69 参照のこと。)

7・3・4 ユニット艤装

船体の一部とこれに取付けられるべき材料,部品を予め取付けて一体に加工し,単一化したもの又は装置の本体とこれに付随する材料,部品を組合せて一体に加工し単一化したもの等,これら単一化した部材を用いて行う艤装をユニット艤装という。例えば単独にマストを製作中,船灯

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
415位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
26,563

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その2)](中級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)艤装工事及び保守整備編
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)法規編
4.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](強電用)
5.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](弱電用)
6.船舶電気装備資格者名簿
7.船舶電気装備技術講座[電装生産管理編](上級用)
8.船舶電気装備技術講座[SOLAS条約と国内関連法規編(電気設備)](上級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](機器保守整備編)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その1)](初級用)
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気理論編](初級用)
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級用)
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級用)
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級用)
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[船舶法規編](中級用)
16.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級用)
17.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](基礎理論編)
18.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](装備艤装工事編)
19.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)基礎理論編
20.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
21.弱電ハンドブックの作成に関する中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から