日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級用)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2 船体部の概要

 

2・1 船の要目

2・1・1 主要寸法(Principal dimensions)

船の長さ(Length, L),幅(breadth, B),深さ(depth, D)を船の主要寸法というが,これは次のように測ることになっている。

(1)長さ(L)

(a)垂線間長さ

船首材の前面及びだ柱(船尾材)の後面(だ柱をもたない船ではだ頭材の中心)が満載喫水線(2・1・2の喫水を参照)と交わる二つの交点から二つの垂線をおろし,この垂線間の距離を船の垂線間の長さ(length between perpendiculars, Lpp)といい設計の際用いられる(図1,参照のこと。)。

(b)全長

船体に固定的に付属する突出物を含めて,船首最前端より船尾最後端までの水平距離を全長(length overall, Loa)といい,航海関係で用いられる。

 

009-1.gif

 

009-2.gif

 

(b)登録の長さ

船舶を登録原簿に登録する際用いる船の長さを登録の長さといい,上甲板下面において,船首材の前面より船尾材の後面(舵頭材を有する船舶にあっては,舵頭材の中心位置)に至る水平距離をいう。

(2)幅(B)

船の幅の一番広い部分において,図2に示すように肋骨の外面から反対舷肋骨の外面までの距離を幅(breadth)といい設計及び登録に用いられる。また,外板の外側から反射舷の外側までを最大幅(breadth maximum)といい航海関係に用いられる。

(3)深さ(D)

深さ(D)とは長さの中央において図2に示すように,竜骨の上面から上甲板

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
415位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
26,563

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その2)](中級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)艤装工事及び保守整備編
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)法規編
4.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](強電用)
5.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修用テキスト](弱電用)
6.船舶電気装備資格者名簿
7.船舶電気装備技術講座[電装生産管理編](上級用)
8.船舶電気装備技術講座[SOLAS条約と国内関連法規編(電気設備)](上級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](機器保守整備編)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編(その1)](初級用)
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気理論編](初級用)
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級用)
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級用)
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級用)
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[船舶法規編](中級用)
16.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級用)
17.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](基礎理論編)
18.通信講習用 船舶電気装備技術講座[レーダー](装備艤装工事編)
19.通信講習用 船舶電気装備技術講座(GMDSS)基礎理論編
20.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
21.弱電ハンドブックの作成に関する中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から