日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

第21回 アジア太平洋造船専門家会議(議事概要・各国提出資料)

 事業名 造船専門家会議の開催
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


 

米国

 

米国造船産業

 

? 序論

 

米国はかつて大造船団だった。1939〜1945年の間に、米国は5,000隻以上の商船を建造した。しかしながら、経済・政治情勢の変化から、米国の商船建造事業は次第に衰退し、1980年代には底を打った。最近では、海洋石油資源開発の需要が増大し、さらに海事庁(MarAd)のタイトルXI融資保証プログラムが新たに強化されたことから、米国造船業に新しい生命が吹き込まれた。

 

? 現状

 

?-1 主要な造船拠点

1993年以来、MarAdは米国の商船建造能力を、主要造船拠点(MSB)という方式により評価している。MSB施設とは、船体長122m以上の船舶を建造可能な船台、横進水型プラットフォームまたはドックを少なくとも1基備えた民間造船所を言う。少数の例外を除いて、これらの造船施設は、乾ドックを備えた主要修繕船ヤードでもある。現在米国内には17ヶ所のMSBがある(図1)。

1996年、ニューポート・ニューズ造船が米国籍の46,500DWT型二重船殻タンカー5隻を受注した。これは過去10年間に米国内造船所への1件の商船発注としては最大の隻数である。

1997年4月1日現在、外航商船の手持新造工事量は、2隻の大幅改造を含め17隻に達した。これは1982年末以来最大の手持工事量である。米国造船業は過去数年間、長年にわたる商船新造の衰退から脱して、新規受注が増加している(図2)。

 

?-2 第2類の造船所

 

第2類の造船所とは、主として内陸水路や沿岸航路用の船社を支援する中小造船所で、米国の新造船・修繕産業の重要な一部をなしている。その事業活動はカジノ・ボート、タグ、トウボート、オフショア・クルー・ボート、サプライ・ボート、フェリー、漁船、バージ等の新造と修繕である。

1996年、バージ運航業界のバージ発注は過去20年間で最高の水準を示した。この伸びの主因としては、既存の老朽船の市場撤退と新型の二重船殻バージに対する需要増大が挙げられる。バージ業界は2年間にわたる需要の堅調、運賃の高水準に活気づいた。さらに、多数のバージが耐用年数の終わりに近づいているので、乾貨バージの

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,802位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,781

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「造船専門家会議の開催」の報告書
2.平成9年度通信教育 造船科講座のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から