日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


の新しい感染者はほとんどなく,増えてきているのは異性間性行為によるAIDS患者およびHIV感染者です。それで日本人の男性の感染者が年々増えてきているわけです。また,女性も少しずつ増えています。

 

2.AIDSとはどういう病気か?

AIDSというのはどういう病気かというと,AIDSウイルス即ち,HIV:Human Immunodeficiency Virusによって起こる病気で,身体の免疫反応に必要なCD4リンパ球が徐々に破壊され,減少するために免疫力がかなり低下した状態です。そのために,さまざまな日和見感染症を合併したり,悪性腫瘍を合併して致命的になるという病気です。

 

3.HIV感染症の分類とAIDSの症例定義

HIV感染症の分類とAIDSの定義は表7,8,9にある通りです。二つの見方があって,一つはCD4リンパ球数で分類する見方です(表7)。CD4リンパ球は正常の人では1ul当たり500以上あります。それがHIVウイルスの感染が進展して病気が進むと減ってくるわけです。200未満になると,米国疾病対策センター(CDC)の定義では症状がなくてもAIDSに含めています。

第二に,臨床症候によって分類する見方です。

HIV感染の段階によって,さまざまな症状が起こってきます(表3)。HIVに感染して2週から4週してインフルエンザ様症状を起こした例が,カテゴリAに入ります。あるいはHIV感染で全身性のリンパ節腫大が起こることがありますが,これもカテゴリAです。まったく無症状の人もカテゴリAです。

カテゴリΒというのは,AIDSの典型的な合併症ではないけれども,免疫が中等度低下した段階としてのさまざまな合併症が入ります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
290位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
39,645

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から