日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

「クリスマスキャロル」パンフレット

 事業名 視聴覚障害者のための演劇上演
 団体名 現代演劇協会 注目度注目度5


字幕付きの『クリスマス・キャロル』を観て
太田晴康

耳の聞こえの不自由な人たちに、話し言葉を聞きながらその場で書いて伝える「要約筆記」活動を行っています。そのことが縁となって、昨年、初めて字幕付きの『クリスマス・キャロル』を拝見しました。大変感心したのは、舞台の進行に巧みに合わせた表示方法で、何気なく出る字幕のタイミングの良さにプロの技を感じました。
芝居を字幕付きで楽しみたいという声は、要約筆記の利用者からしばしば寄せられます。ところが、ほとんどの公演は、音が聞こえている観客のみを対象にしています。それだけに、三百人劇場の『クリスマス・キャロル』は画期的な公演と思います。 実際、昨年の公演を見た利用者の方々からは、字幕を通じて舞台を共有し、ほかの観客とともに共感することができたという感想をいただきました。その一部を紹介します。
「難聴になってから十年位になります。以前はミュージカルなどよく見に行きましたのに難聴になってからは全く行っていませんでした。久々にお芝居を見て、内容もよくわかり、舞台と一体になって楽しむことができました」
「今日は素晴らしい劇を鑑賞することが出来ました。字幕付き公演など、七、八年前に機器展に出掛けた時、こういうのが出来たら良いなと考えていたことが研究され、どんどん実現していくことはうれしいです。今回だけでなく歌舞伎、宝塚などもと欲張っております」
「芝居をこんなに身近に楽しむことが出来るなんて夢のようです。なんといったってセリフが分かるということが一番うれしい。みんなと一緒に楽しむことが出来たという満足感で胸がいっぱいでした。ありがとうございました。クリスマスのプレゼントをいただいた気分で帰宅しました」
要約筆記活動に携わる者として、字幕付き芝居が当たり前と感じられるような舞台環境の実現を心から願っています。その意味ではクリスマスといわず、ぜひ全公演に字幕を付けていただければ幸いです。
(東京都登録要約筆記者)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,254位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
7,502

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.「クリスマスキャロル」チラシ
2.「視聴覚障害者のための演劇上演」の報告書
3.第2回国際ひとり芝居フェスティバル「家族」チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から